本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム  > 研究所案内  > 難治疾患研究所研究発表会  > 平成21年度難治疾患研究所研研究発表会

研究所案内

平成21年度難治疾患研究所研究発表会

Medical Research Institute Tokyo Medical and Dental University

平成21年度難治疾患研究所研究発表会(大学院生部門・若手研究者部門)


 平成21年度難治疾患研究所研究発表会が開催されました。多数の発表者の中から、審査の結果以下のとおり 受賞者が決定しましたのでお知らせします。

大学院生部門

名前 演題
1位 形質発現
大野 源太
RNA結合タンパク質ASD-2はアクチン細胞骨格形成に関わる線虫ADF/コフィリンの筋肉特異的な選択的スプライシングを制御する
2位 分子神経科学
伊東 義真
肝細胞癌において腫瘍特異的DNA過剰メチル化によって制御される癌抑制microRNAの探索
3位 発生再生生物学
宮村 憲央
概日リズムとDNA損傷応答を共通に制御するシグナル伝達経路の解明
ベストプレゼンテーション賞 発生再生生物学
内田 好海
ストレス応答性キナーゼJNKによる時計蛋白質PER2の安定性制御
ベストディスカッション賞 エピジェネティクス
岩舩 浩孝
ゲノムインプリンティングの分子機構の解析
難治疾患研究賞 分子細胞遺伝
鶴田 智彦
DNAメチル化異常により発現抑制される子宮体癌関連癌抑制遺伝子型microRNAの機能的スクリーニング

若手研究者部門

名前 演題
1位 形質発現制御学
武内 章英
レポーターマウスを用いた、哺乳類スプライシング暗号解読への挑戦
2位 MTTプログラム
小林 慎
着床前の雌雄の分化とエピジェネティクな遺伝子制御
3位 分子細胞遺伝
井上 純
LAPTM5蓄積による細胞死誘導と神経芽腫の自然退縮機構