本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム  > 研究所案内  > 難治疾患研究所研究発表会  > 平成18年度難治疾患研究所研研究発表会

研究所案内

平成18年度難治疾患研究所研究発表会

Medical Research Institute Tokyo Medical and Dental University

平成18年度難治疾患研究所研究発表会(大学院生部門・若手研究者部門)


 平成18年度難治疾患研究所研究発表会が開催されました。多数の発表者の中から、審査の結果以下のとおり 受賞者が決定しましたのでお知らせします。

大学院生部門

名前 演題
1位
ベストプレゼンテーション賞
ベストディスカッション賞
形質発現
大野 源太
発生段階特異的な選択的スプライシング制御機構の解析
2位
難治疾患研究賞
分子遺伝
平 直江
DNA損傷におけるp53依存性アポトーシス誘導機構の解析
3位
ベストディスカッション賞
分子代謝医学
伊藤 綾香
肥満の脂肪組織における炎症性変化の分子機構: MKP-1の病態生理的意義に関する研究

若手研究者部門

名前 演題
1位 エビジェネティクス
幸田 尚
体細胞クローンマウスにみられる遺伝子発現異常の解析
1位 細胞制御学
樋口 理
Dok-7遺伝子の発見~神経筋シナプス形成機構とその破綻