本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム  > 研究所案内  > 難治疾患研究所優秀論文賞  > 平成18年度難治疾患研究所研優秀論文賞

研究所案内

平成18年度難治疾患研究所優秀論文賞

Medical Research Institute Tokyo Medical and Dental University

難治疾患研究所優秀論文賞受賞


 先般募集しました平成18年度難治疾患研究所優秀論文賞について、多数の応募者の中から、審査の結果以下のとおり 採択者が決定しましたのでお知らせします。

最優秀論文賞

受賞者 論文名 雑誌名
細胞制御学
岡田久未子
The muscle protein Dok-7 is essential for neuromuscular synaptogenesis Science 2006 Vol. 312. no. 5781, pp. 1802 - 1805

優秀論文賞

受賞者 論文名 雑誌名
形態機能解析室
松上稔子
Indispensability of glutamate transporters GLAST and GLT 1 to brain development. PNAS Vol.103 No.32 12161-12166
発生再生生物学
北川大樹
Release of RASSF1C from the nucleus by Daxx degradation links DNA damage and SAPK/JNK activation EMBO J. 2006 Jul 26;25(14):3286-97
形質発現制御学
黒柳秀人
Transgenic alternative-splicing reporters reveal tissue-specific expression profiles and regulation mechanisms in vivo. Nature Methods. 2006 Nov;3(11):909-15
分子神経科学
三枝理博
The dorsomedial hypothalamic nucleus as a putative food-entrainable circadian pacemaker. Proc. Natl. Acad. Sci. USA. 103. 12150-12155, 2006