本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム  > イベント情報  > 過去の行事  > 第二回難治疾患研究所教員研修報告(2008年7月28日)

イベント情報

第二回難治疾患研究所教員研修報告(2008年7月28日)

Medical Research Institute Tokyo Medical and Dental University

去る7月28日月曜日、ビジョンセンター秋葉原において難治疾患研究所第二回教員研修がおこなわれました。本年は学外より5名、学内より1名の講師陣を招聘しました。9時30分より17時30分までの長丁場であったにも関わらず、出席人数はのべ52名と盛況のうちに無事終了しました。


難治疾患研究所第二回教員研修

最初に本学の中西章教授から「データが語る東京医科歯科大学の実力」というタイトルのご講演をいただきました。本学における研究、教育、医療における客観的な評価について、多くのデータが駆使して示されました。 国際的なビジビリティを向上させることが重要との貴重な提言がなされました。中西教授は7月末をもって文部科学省に戻られるため、一層の労いの拍手をもって送られました。
次いで宮田満氏(日経BP社医療局主任編集委員)により「これから十年のバイオを展望して」というタイトルのご講演をいただきました。バイオ産業の視点からみた先端的研究の動向を判りやすく解説していただきました。大手製薬企業のビジネスモデルにおける抗体医療へのシフトやゲノミックスの臨床応用など、新鮮な話題に惹き付けられた一時間でした。

午前最後の演者は、最近医療関連小説を発表し活躍が目覚ましい海堂尊氏にお願いしました。海堂氏自らの臨床や研究に携わった体験談や現在ライフワークとして取り組んでいる死亡時医学検索(Ai)についてなど、幅広い内容でした。直裁かつユーモアのある語り口で聴衆を魅了しました。研究と社会との接点を大切にすることがメッセージとして伝えられました。

午後のセッションでは、土肥義治氏(理化学研究所理事)により「理研の研究システム改革」のご講演がありました。理研は本学と連携大学院を組んで関係が深いですが、理研における研究体制の構築やサイエンティフィックマネッジメントに関する貴重な話を聞けた事は大変有意義でした。
次いで勝野頼彦氏(文部科学省研究振興局学術機関課長)より「附置研改革の現状について」と題するテーマでご講演をいただきました。昨今、国立大学の付置研究所を取り巻く環境が厳しいことが伝えられ、本学においても様々な議論を元に対応を進めている状況です。このような時期に、国立大学法人の最近の動向から始まり、学術研究の推進体制全般についての文科省担当課の見解を直に聞くことが出来たのは大きな収穫でした。

最後のセッションは英語ポスタープレゼンテーションスキルアップと題して、パトリック・バロン先生(東京医科大、国際メディカルコミュニケーションセンター教授)のご指導のもとで行われました。7名の若手研究者が実際のポスター発表および質疑を現場に模して行い、その場でポイントをチェックする形式で行われました。国際学会でポスター発表が主流になりつつある中、今回の実地指導では参考になるコメントが数多く得られました。

最後に改めて本年の教員研修で講演をしていただいた講師の先生方および参加されたすべての教員の方々に御礼を申し上げます。

世話人 村松正明

海堂講師発表

海堂講師発表

土肥講師発表

土肥講師発表

勝野講師発表

勝野講師発表