本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム  > 難治疾患共同研究拠点

難治疾患共同研究拠点

Joint Usage/Research Program of Medical Research Institute Tokyo Medical and Dental University

疾患克服のための Hub Instituteへ


難治疾患共同研究拠点について

東京医科歯科大学難治疾患研究所は、平成21年6月25日に、文部科学大臣により、全国共同利用・共同研究拠点「難治疾患共同研究拠点」に認定され、平成22年4月1日より難治疾患に関する研究を行っておられる研究者コミュニティの方々と共に本拠点のミッションにより、共同利用・共同研究を推進しております。

本拠点のミッション

  • 難治疾患の病因・病態形成機構解明と診断・予防・治療法開発の基盤形成に資する共同利用・共同研究拠点構築を目的とする。
  • 「疾患バイオリソース」、「疾患モデル動物」、「疾患オミックス」の3つの難治疾患研究リソースを活用した公募型の戦略的難治疾患克服共同プロジェクトを推進する。
  • 国内外の研究者に、上記のリソース群へのアクセスや現有する先端解析支援施設の利用機会の提供を行ない、本邦の難治疾患研究の広範な発展に貢献する。
  • 難治疾患研究に携わる若手研究者の育成・支援システムを整備する。
  • シンポジウム等の開催により、難治疾患研究の啓発と最先端情報の発信に努める。
文部科学省ウェブサイト (別ウィンドウで開きます)