本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム  > 難治疾患共同研究拠点  > 難治疾患モデル動物バンク

難治疾患共同研究拠点

難治疾患モデル動物バンク

Joint Usage/Research Program of Medical Research Institute Tokyo Medical and Dental University

難治疾患共同研究拠点では、これまでの研究実績を基に、様々な遺伝子改変難治病態モデル動物・モデル細胞(マウス・メダカ・ショウジョウバエ・線虫・培養細胞・ES細胞)を保有しております。

これらモデル動物等を研究者コミュニティへ供することにより、難治疾患の病因・病態形成機構解明と診断・予防・治療法開発の基盤形成に資することを目指しています。


難治疾患モデル動物リスト(クリックすると別ウィンドウで開きます)


リストに掲載されているモデル動物等を入手されたい方はリストに記載されております担当教員にお問い合わせください。