本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム  > 難治疾患共同研究拠点  > 共同研究・研究集会公募  > 平成28年度東京医科歯科大学難治疾患共同研究拠点共同研究・研究集会課題募集について

難治疾患共同研究拠点

平成28年度東京医科歯科大学難治疾患共同研究拠点共同研究・研究集会課題募集について

Joint Usage/Research Program of Medical Research Institute Tokyo Medical and Dental University

平成28年度「難治疾患共同研究拠点」の共同利用、共同研究課題及び研究集会を公募します。


平成28年度東京医科歯科大学難治疾患共同研究拠点共同研究・研究集会課題募集要項

 東京医科歯科大学難治疾患研究所は、平成22年4月1日より「難治疾患共同研究拠点」として、難治疾患に関する研究を行っておられる研究者コミュニティの方々と共同利用・共同研究を推進しています。また、平成28年1月14日に文部科学大臣から、これまでの拠点活動が評価され、平成33年度までの拠点活動の継続が認定されています。
 今回、以下の共同研究、研究集会を公募します。採択された研究課題については、本研究所が所有する3つの難治疾患研究リソースを活用して、難治疾患の病因から診断、治療開発の基盤的共同研究を推進します。

拠点のミッション
  • 難治疾患の病因・病態形成機構解明と診断・予防・治療法開発の基盤形成に資する共同利用・共同研究拠点構築を目的とする。
  • 「疾患バイオリソース」、「疾患モデル動物」、「疾患オミックス」の3つの難治疾患研究リソースを活用した公募型の戦略的難治疾患克服共同プロジェクトを推進する。
  • 国内外の研究者に、上記のリソース群へのアクセスや現有する先端解析支援施設の利用機会の提供を行ない、本邦の難治疾患研究の広範な発展に貢献する。
  • 難治疾患研究に携わる若手研究者の育成・支援システムを整備する。
  • シンポジウム等の開催により、難治疾患研究の啓発と最先端情報の発信に努める。

1. 募集テーマ

以下の研究領域、研究対象に関連する共同利用・共同研究、および難治疾患に関する研究集会(シンポジウム)を公募します。

  1. 研究領域
    1) 難治疾患の病因・病態解明に関する基礎・応用研究
    2) 難治疾患の診断・治療・予防法の開発に関する基礎・応用研究
    3) 難治疾患研究に有用な解析技術・モデル生物の開発に関する基礎・応用研究


  2. 研究対象
    A) 悪性腫瘍
    B) 脳・神経系難治疾患
    C) 心・血管系難治疾患
    D) 運動器系難治疾患
    E) 免疫・感染症系難治疾患
    F) 代謝系難治疾患
    G) その他の難治疾患

 平成28年度からは、難治疾患の原因解明、治療法の開発につながる共同研究の中から、重点的支援を行なう戦略的研究課題4題(年間200万円まで)、新規領域開拓を支援する挑戦的研究課題4題(年間100万円まで)及び一般研究課題(年間40万円まで)を計30~40件程度を採択する予定です。
 また、研究集会(シンポジウム)については研究集会A(100万円まで)、研究集会B(50万円まで)を公募します。

2. 申請資格者・研究組織

  1. 平成28年4月1日の時点で、大学・研究機関の研究者またはこれに相当する方。なお、申請者以外の研究者として、大学院生を含めることができます。

  2. 研究組織には、本研究所所属の研究者を含むものとします。

  3. 研究集会の申請者及び参加者についても上記と同様の構成とし、東京医科歯科大学において開催することを原則とします。

3. 申請方法

  1. 申請者は、研究課題または研究集会課題、参加予定者、必要経費及びその他必要と認められる事項について、事前に所内対応教員と打合せを行い、申請して下さい。 本研究所の各研究部門や附属施設、所属教員名、研究の概要等については、本研究所のホームページを御覧下さい。(http://www.tmd.ac.jp/mri/


  2. 共同研究の申請の際には下記書類に押印し、郵送願います。なお、共同研究申請書(様式1)については、作成したWordファイルも電子メールに添付して下記アドレスまで提出して下さい。
    ※研究課題および研究内容は新規(これまでの研究と関連する場合でも、新たな視点での研究展開など)としてください。
    ※戦略的研究課題又は挑戦的研究課題を希望される方は共同研究申請書 (様式1)に希望の有無を記入してください。審議を希望して採択されなかった場合には、一般的研究課題の審議対象とします。
    ※共同研究申請書(様式1)には研究全体にかかる研究費を記入願います。拠点からの支援はその内最大で200万円となります。 ・共同研究申請書 (様式1)
    所属機関長(部局長、所属長など)の承諾書 (様式2)
    本研究所受入教員の承諾書 (様式3)


  3. 研究集会の申請の際には下記書類に押印し、郵送願います。なお、研究集会申請書(様式4)については、作成したWordファイルも電子メールに添付して下記アドレスまで提出して下さい。
    研究集会申請書 (様式4)
    本研究所対応教員の承諾書 (様式5)

【提出先】
東京医科歯科大学難治疾患研究所総務係
〒113-8510 東京都文京区湯島1-5-45
電話:03-5803-4523 FAX: 03-5803-0392
E-mail : mri.adm(ここに@を入れてください)cmn.tmd.ac.jp

申請期限 平成28年3月14日(月)(期限厳守)

4. 研究期間及び開催期間

研究期間及び開催期間は原則として平成28年4月1日から平成29年3月31日までの期間とします。

5. 選考および採択通知

  1. 共同研究の採否は、本拠点共同利用・共同研究課題公募・選考小委員会で協議し、決定します。採否の結果については、申請者に通知します。なお、審査の結果、採択額が申請額より減額となる場合があります。

  2. 研究集会の採否は、本拠点共同利用・共同研究課題公募・選考小委員会で協議し、決定します。採否の結果については、申請者に通知します。なお、審査の結果、採択額が申請額より減額となる場合があります。

6. 研究経費等

共同研究・研究集会の実施に必要な旅費、消耗品費等の経費は、課題遂行に必要な額を記載してください。申請に基づき研究所予算の範囲内で本研究所が支出します。

7. 共同研究報告書の提出

研究代表者は、研究終了後、共同研究報告書を提出してください。
提出期限、様式等については採択者に通知します。
なお、提出いただいた報告書については、難治疾患研究所が必要とする範囲内において、難治疾患研究所HP等で公開します。

8. その他

  1. 動物実験研究や、ヒト試料の使用、ヒト遺伝子解析研究、遺伝子組換え実験などについて
    生命倫理・安全対策への取り組みを必要とする研究については、法令等に基づき研究所内外の委員会等による承認手続き、教育訓練の受講などが必要となる場合があります。


  2. 知的財産権の取扱い
    国立大学法人東京医科歯科大学受託研究等取扱規則を準用します。

    (知的財産権の帰属等)
    第43条  共同研究による発明等に係る知的財産権の持分については、本学又は外部機関に帰属する研究担当者の貢献に応じて本学と外部機関との協議の上定めるものとする。


  3. 宿泊施設
    本大学宿泊施設を利用できます。希望される方は、総務係までご連絡下さい。ただし、部屋数に限りがございますので、ご了承下さい。
    ※宿泊費については、本学職員旅費規則により1夜当たり1万円を上限とし、実費額を支給します。


  4. 施設・設備の利用について
    共同研究に必要な難治疾患研究所の施設・設備を利用することができます。


  5. 共同研究による成果の発表
    学術論文、学術集会等で本共同研究の成果を発表する場合には、必ず本共同研究による旨を明記してください。
    This study was supported by the Joint Usage/Research Program of Medical Research Institute, Tokyo Medical and Dental University.


  6. 問い合わせ先
    東京医科歯科大学難治疾患研究所総務係
    〒113-8510 東京都文京区湯島1-5-45
    電話:03-5803-4523 FAX: 03-5803-0392 E-mail: mri.adm@cmn.tmd.ac.jp