本文へスキップ

     

利用可能機器・ソフトウェア一覧 1, 2

湯島地区から駿河台地区への移動を考慮し、アッセイから解析までの一連の実験が当施設で行えるよう、広いスペースと実験設備を提供しております。

医療機能分子開発室設置の機器・ソフトウェア一覧 1

○○○○○○○○イメージ

「ArrayScan VTI : ThermoFisher Scientific」

ハイコンテント画像解析システム
蛍光ラベル細胞を撮影して全自動で取り込み細胞サイズ、形状、個数、差、
比率など多種の数値データの出力が可能です。

*利用希望の方は事前に当施設にご相談ください。


○○○○○○○○イメージ

「2030 ARVO X5 : Perkin Elmer」

ARVO MXの後続機で、蛍光・発光・吸光度測定の他に、時間分解蛍光、蛍光偏光測定に対応しています。インジェクションユニットも付属していますので、基質添加直後からのKinetic Assayなども可能です。
*搭載フィルターについてはお問い合わせください。


○○○○○○○○イメージ「1420 ARVO MX : Perkin Elmer」

蛍光・発光・吸光度測定などを一台で行うことができる多標識測定器です。6-384 well plateでの測定ができます。さらに、インジェクションユニットも付属していますので、基質添加直後からのKinetic Assayなども可能です。
*搭載フィルターについてはお問い合わせください。


○○○○○○○○イメージ「EDR-384 : バイオテック」
「Multi-CHOT : NICHIRYO」

分注ワークステーション
パソコンで作成したプロトコールに従い、0.5 - 30 ulの範囲の分注ができます。また、96 well plateから384 well plate間のサンプルトランスファーが可能です。
*利用には専用チップが必要です。



「オートセラウォッシャー AMM-96SII : バイオテック」

96 well plateを最大20枚まで洗浄することが可能です。利用希望の方はご相談ください。


その他の設備

培養室(P2)レベルの完備
スクリーニング実験を行う上で細胞培養は必須です。実験に使用する大切な細胞を当施設で培養しスクリーニング実験へ移行できる様、培養室を完備しております。


ソフトウェア
「ChemBio Office (Win) / ChemBio Draw (Mac)全学ライセンス」

東京医科歯科大学ではChemBio Office全学ライセンスを取得しております。医科歯科大学でメールアカウントを取得している方は誰でもダウンロードできます。
ダウンロード方法についてはこちらをお読みください。

「SciFinder」

当施設にて利用可能です。利用希望の方はご相談ください。

医療機能分子開発室

〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台区2-3-10
22号館(旧難研ビル)9階  

TEL 03-5280-8086
FAX 03-5280-8086

サービス/製品一覧 - 医療機能分子開発室