グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 分子免疫学分野  > 業績

業績

論文発表
原著
1. McAlees JW, Lajoie S, Dienger K, Sproles AA, Richgels PK, Yang Y, Khodoun M, Azuma M, Yagita H,
  Fulkerson PC, Wills-Karp M, Lewkowich IP. Differential control of CD4+ T-cell subsets by the PD-1/PD-L1
  axis in a mouse model of allergic asthma. Eur.J.Immunol.45(4);1019-1029, 2015
2. Ooi JD, Li M, Kourkoutzelos K, Yagita H, Azuma M, Holdsworth SR, Kitching AR. Programmed death 1
  and its ligands do not limit experimental foreign antigen-induced immune complex glomerulonephritis.
  Nephrology 20 (12):892-898, 2015
3. Morita H, Arae K, Unno H, Miyauchi K, Toyama S, Nambu A, Oboki K, Ohno T, Motomura K, Matsuda A,
  Yamaguchi S, Narushima S, Kajiwara N, Iikura M, Suto H, McKenzie AN, Takahashi T, Karasuyama H,
  Okumura K, Azuma M, Moro K, Akdis CA, Galli SJ, Koyasu S, Kubo M, Sudo K, Saito H, Matsumoto K,
  Nakae S. An interleukin-33-mast cell-interleukin-2 axis suppresses papain-induced allergic inflammation by
  promoting regulatory T cell numbers. Immunity43(1):175-86, 2015

総説
1. Ritprajak P and Azuma M. Intrinsic and extrinsic control of expression of the immunoregulatory molecule
  PD-L1 in epithelial cells and squamous cell carcinoma. Oral Oncol. 51 (3):221-8, 2015.

(日本語)
総説
1. 永井重徳:獲得免疫と自己免疫疾患 バイオマテリアル-生体材料.2015.04;33(2);130-133

著書
 なし

[学会発表] 
(国際学会)
1. Nagai S, Kurebayashi Y, Baba Y, Minowa A, Azuma M, Yoshimura A, Koyasu S. Phosphorylation of Akt
  and Foxos induced by TGF-β negatively controls the differentiation of induced regulatory T cells. Keystone
  Symposia, 2015.1.13-18, Vancouver, Canada.
2. Azuma M, Zhang C, Kang S, Ohno T. Protective roles of PD-1:PD-1 pathway in a murine model of pollen
  allergy. Fundamental immunology and its therapeutic potential. 2015.4.14-18, Cold spring harbor laboratory,
  New York,USA
3. Kondo Y, Ohno T, Harada K, Azuma M. Effects of anti-VISTA mAb and its combination therapy in antitumor
  immunity. AAI 2015, 2015.5.8-12, New Orleans, USA
4. Ohno T, Kondo Y, Azuma M. T cell-dependent and –independent regulatory roles of a new inhibitorymolecule
  VISTA. AAI 2015, 2015.5.8-12, New Orleans, USA
5. Kondo Y, Ohno T, Bhingare AC, Yagita H, Harada K, Azuma M. Antitumor effects of VISTA blockade and
  its combination therapy with other immune checkpoint blockade. ICCIM 2015, 2015.7.9-11, Tokyo, Japan
6. Kang S, OhnoT, Nagai S, Azuma M. Selective regulation in expression of Co-inhibitory molecule B7-H1/PD-L1
  masticatory mucosae. ICMI 2015, 2015.7.14-18, Berlin, Germany
7. Yamada K, Nakamura M, Nagai S, Honda M, Aizawa M. Morphological observation of immune cells derived
  from mouse spleen to hydroxyapatite ceramics surface-modified with inositol phosphate. Bioceramics 27th
  symposium and annual meeting of the international society for ceramics in medicine, 2015.10.27-29, Bali,
  Indonesia.

(国内学会)
1. 康 思えん、大野 建州、永井 重徳、東 みゆき. 咀嚼粘膜上皮における抑制共刺激分子 B7-H1(CD274)の
  選択的制御. 第69回日本口腔科学会、2015.5.13-15、大阪
2. 近藤 雄太、大野 建州、ビンガレ アルンダティ、原田 清、東 みゆき. マウス扁平上皮癌モデルにおける
  新規免疫チェックポイント分子VISTA阻害とPD-1/CTLA-4阻害との併用効果について. 第69回日本口腔科学会、
  2015.5.13-15、大阪
3. 大野 建州、康 思えん、東 みゆき. 反復抗原塗布後における舌下粘膜樹状細胞の特徴. 第57回歯科基礎医
  学会、2015.9.11-13、新潟
4. Hirunwidchayarat Worawalun, Ohno Tatsukuni, Kang Siwen, Nagai Shigenori, Azuma Miyuki. Analyses of
  oral mucosa recruiting T cells under the inflammatory condition.  第57回歯科基礎医学会、2015.9.11-13、新潟 
5.  康 思えん、大野 建州、永井 重徳、東 みゆき. 咀嚼粘膜に発現する B7-H1 は過度な免疫応答による損傷を保護
  している. 第57回歯科基礎医学会、2015.9.11-13、新潟
6. 山田 清貴、中村 まり子、永井 重徳、本田 みちよ、相澤 守. イノシトールリン酸を表面修飾した水酸アパタイト
  セラミックスに対するマウス脾臓由来免疫細胞の応答性.セラミックス協会第28回秋季シンポジウム、2015.9.16-18、
  富山
7. 西井 直人、ビンガレ アルンダティ、近藤 雄太、大野 建州、東 みゆき. 抗腫瘍免疫応答における内在性
  あるいは外来性IL-33の関与. 第74回日本癌学会、2015.10.8-10、名古屋
8. 近藤 雄太、大野 建州、ビンガレ アルンダティ、八木田 秀雄、原田 清、東 みゆき.  VISTA と CTLA-4
  コンビネーション阻害は、腫瘍浸潤 CD8+ T 細胞の多機能性を強化する. 第74回日本癌学会、2015.10.8-10、
  名古屋
9. 石濱 寛子、 石井 賢、 柿沼 祐亮、 塩野 雄太、 蔵本 哲也、 吉岡 研之、 船尾 陽生、 永井 重徳、
  佐々木 文、 相澤 守、 岡田 保典、小安 重夫、松本 守雄、中村 雅也. 合成樹脂製インプラントにおける
  新規抗菌加工の安全性評価―細胞毒性とバイオメカニクス的検討―.第30回日本整形外科学会基礎学術集会、
  2015.10.22-23、富山.
10. 石濱 寛子、 石井 賢、 柿沼 祐亮、 塩野 雄太、 蔵本 哲也、 吉岡 研之、 船尾 陽生、 永井 重徳、
  佐々木 文、 相澤 守、 岡田 保典、小安 重夫、 松本 守雄、 中村 雅也. 合成樹脂製インプラントに
  おける新規抗菌開発法の開発. 第30回日本整形外科学会基礎学術集会、2015.10.22-23、富山
11. Ohno T, Kondo Y, Kang S, Azuma M. A novel inhibitory molecule VISTA regulates generation of Th2-mediated
   allergic responses. 第44回日本免疫学会、2015.11.18-20、札幌. 
12. Nishii N, Bhingare A, Ohno T, Kondo Y, Azuma M. Endogenous and exogenous IL-33 promotes antitumor
   immunity. 第44回日本免疫学会、2015.11.18-20、札幌.
13. Kondo Y, Ohno T, Bhingare AC, Yagita H, Harada K, Azuma M. Combinational immune checkpoint blockade
   with VISTA and CTLA-4 enhances anti-tumor responses. 第44回日本免疫学会、2015.11.18-20、札幌.
14. Kang S, Ohno T, Nagai S, Azuma M. Masticatory mucosa-associated B7-H1 limits mucosal tissue damage.
   第44回日本免疫学会、2015.11.18-20、札幌..
15. Hirunwidchayarat W, Ohno T, Kang S, Nagai S, Tomura M, Azuma M. Recruiting T cells to the oral mucosa
   under the inflammatory condition. 第44回日本免疫学会、2015.11.18-20、札幌
16. Niken AN, Azuma M, Nagai S. Pole of PI3K in Tr1 cells differentiation. 第44回日本免疫学会、2015.11.18-20、
  札幌.

[講演]
1. Azuma M. Mechanisms of tolerance induction by sublingual immunotherapy. –focusing on sublingual mucosa
  dendritic cells- International Symposium on Allergy and Inflammation. 2015.10.29, Oh-arai, Ibaraki

平成27年度
[研究助成金]
1.  日本学術振興会科学研究費補助金 基盤研究A 「口腔特有の免疫応答制御メカニズムの解明」研究代表者 東 みゆき 
2.  日本学術振興会科学研究費補助金 挑戦的萌芽研究 
   「皮膚および口腔粘膜における炎症の蔓延化メカニズムの解析」研究代表者 東 みゆき
3.  日本学術振興会科学研究費補助金 基盤研究B
    「粘膜細菌感染におけるFoxp3陰性IL-10産生制御T細胞の分化・機能の解析」 研究代表者 永井 重徳
4.  日本学術振興会科学研究費補助金 基盤研究C
   「インターロイキン33による新しい歯周炎病態形成抑制機構」研究代表者 大野 建州
5.  日本学術振興会受託研究 
   「歯学/病態科学歯学・歯科放射線学分野にかかる学術研究動向に関する調査研究」研究代表者 東 みゆき
6.  日本学術振興会科学研究費補助金 基盤研究C
   「終末糖化産物(AGEs)はインプラントのリスク評価に有用か」 研究分担者 大野 建州
7.  日本学術振興会科学研究費補助金 基盤研究B
   「免疫系に積極的に働きかけるイムセラミックスの創製とその機能発現メカニズムの解明」研究分担者 永井 重徳
8. 日本医療研究開発機構研究費 
   「アトピー性皮膚炎の難治性皮膚病変の病態解析と病態に基づいた革新的な核酸医薬外用療法の医師指導型臨床研究」
   研究分担者 東 みゆき 

[その他]
(セミナー・大学院特別講義)
  なし
(特許)
  なし
(受賞)
東 みゆき 第2回日本免疫学会女性免疫研究者賞 日本免疫学会、2015年11月