グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 分子免疫学分野  > 年報  > 2014

2014

教授東   みゆき
准教授   永井 重徳
助教    大野 建州
非常勤講師
       清野 宏
       高橋 雄三
       神村 洋介(~12月)
       東 剛司
大学院生(博士)
       Zhang Chenyang(〜9月)
       Bhingare C. Arundhati
       Kang Siwen
       前川 祥吾(歯周病学分野)(〜3月)
       近藤 雄太(顎顔面外科学分野)
       HirunwidchayaratWorawalun
       NikenAdibaNadya(10月〜)
大学院研究生
       NikenAdibaNadya(〜9月)

1) 分野概要
 分子免疫学分野は,大学院重点化に伴い新たに設置された専攻分野の一つとして2000年4月に設立されました。基礎および臨床歯学研究における免疫学の理解の必要性の増大に伴い、日本の歯学部では、口腔細菌・微生物学教室とは別に設置された始めての免疫学研究室でもあります。免疫システムは、生体防御の基本であり、生命現象を考える医歯学研究にますます不可欠なものとなりつつあります。口腔の免疫応答は、口腔由来の抗原に対する全身免疫と腸管を主体とする粘膜免疫の2つの融合免疫システムにより担われています。歯や歯槽骨などの硬組織と歯肉・口腔粘膜などの軟組織が混在し、日々の生活の中で多くの病原性および共生細菌や食餌性抗原に曝されている口腔は、他の臓器と比べてユニークな環境におかれています。免疫学はこの30年間に大きな進歩を遂げてきましたが、生体のしくみには、まだまだ解明されていない“不思議”がたくさんあります。当分野では、口腔と全身のネットワークを追求しながら、医歯学・生物学の幅広い観点から免疫システムの“不思議”の解明に取り組み、病態解明と治療法開発を目指しています。

2) 研究活動

研究目標:
生体防御において重要な役割を果たしている免疫系は、リンパ球上の膜分子と可溶性分子の相互反応により巧みに制御され維持されています。なかでも、抗原特異的な適応免疫を担うT細胞とB細胞は、抗原受容体を介した刺激のみならず、共刺激分子 (Co-signal molecules)と呼ばれる細胞表面機能分子の働きにより、免疫応答の質と量が決定されています。T細胞およびB細胞、マクロファージ、樹状細胞などの抗原提示細胞を含む免疫担当細胞はもちろんのこと、各種臓器における組織細胞上の多種多様な補助シグナル分子の発現、制御、機能を解明することで、免疫応答における補助シグナル分子の役割を明らかにし、これらの分子を標的とした、骨髄移植・臓器移植・自己免疫疾患・癌・炎症(歯髄炎,歯周炎を含む)およびアレルギー性疾患における免疫治療法を開発することを目的としています。
口腔粘膜や歯における口腔免疫応答は、全身性免疫と共通な部分と口腔独自のユニークな部分から成り立っている。口腔独自のユニークな点を分子レベルで明らかにしたいと考えています。これらの研究成果を基盤に、口腔疾患の治療法開発へ繋げます。

研究テーマ
1.口腔粘膜および歯髄樹状細胞の動態および機能解析
2.舌下粘膜療法の効果発現に関わる口腔粘膜樹状細胞の動態と機能修飾
3.マウス花粉症における抑制共刺激分子 (CTLA-4, PD-1)の関与
4.口腔粘膜上皮細胞における抑制共刺激分子CD274 (B7-H1)の発現と機能制御
5.口腔粘膜経由の抗原特異的免疫応答の特性解析
6.急性および慢性歯肉炎症における PD-1:B7-H1経路の関与
7.新規抑制共刺激分子VISTA (PD-1H)の機能解析
8.マウス扁平上皮癌モデルにおけるチェックポイント阻害療法効果
9.新規サイトカイン IL-33のがん免疫応答および歯肉炎への関与
10. 細菌およびヘリコバクターピロリ感染におけるヘルパーT (Th) 細胞の機能解析

3) 教育活動

学部教育:歯学部歯学科の第3学年感染と生体防御モジュール(ユニット1:感染と生体防御概論、ユニット5:生体免疫応答)、 病態科学演習モジュール(口腔粘膜疾患)、第4学年研究実習分野配属、世界展開リサーチデー・免疫講義、第6学年臨床セミナー総合講義、歯学部口腔保健学科・口腔保健衛生学専攻の第2学年「病原微生物と生体防御」、歯学部口腔保健学科・口腔保健工学専攻の第2学年「感染予防」、医学部医学科第2学年「免疫学I」

大学院教育:大学院医歯学総合研究科・博士課程・分子免疫学特論・演習・実験、大学院医歯学総合研究科・修士課程医歯理工学専攻「免疫学」、医歯学先端研究特論(大学院特別講義)、医歯学総合研究科コース特論(Basic-Clinical Borderless Education)口腔化学・機能コース

4) 教育方針:
学部教育:生体防御機構において免疫システムがどのようにかかわっているかを理解させる。また、免疫システムが関与する全身性および臓器特異的疾患の発症メカニズムを理解させる。
大学院教育:免疫応答を細胞・分子・遺伝子レベルで理解し、免疫関連疾患の病態および免疫制御による疾患治療の可能性を考えられる能力を身につける。


5)研究業績 
[論文発表]
(英文国際誌)すべて査読有
原著  
1. Kojima R, Ohno T, Iikura M, Niki T, Hirashima M, Iwaya K, Tsuda H, Nonoyama S, Matsuda A,
Saito H,Matsumoto K, Nakae S.Galectin-9 enhances cytokine secretion, but suppresses survival and
degranulation, in human mast cell line. PLoS ONE 2014.1:9(1)
2. Bhingare AC, Ohno T, Tomura M, Zhang C, Aramaki O, Otsuki M, Tagami J, Azuma M. Dental
pulp dendritic cells migrate to regional lymph nodes. J Dental Res.2014;3( 93):288-293
3. Sunthamala N, Pientong C, Ohno T, Zhang C. Bhingare A, Kondo Y, Azuma M, Ekalaksananan T.
HPV16 E2 protein promotes innate immunity by modulating immunosuppressive status.
BiochemBiophys Res Commun.2014;4( 446):977-82
4. Fujiwara H, Maeda Y, Kobayashi K, Nishimori H, Matsuoka K, Fujii N, Kondo E, Tanaka T, Chen
L, Azuma M, Yagita H, Tanimoto M. Programmed death-1 pathway in host tissues ameliorates
Th17/Th1-mediated experimental chronic graft-versus-host disease. J. Immunol.2014; 193 (5):
2565-73
5. Zhang C, Ohno T, Kang S, Takai T, Azuma M. Repeated antigen painting and sublingual
immunotherapy in mice convert sublingual dendritic cell subsets. Vaccine.2014;9(32):5669-5676
6. Asai-Tajiri Y, Matsumoto K, Fukuyama S, Kan-o K, Nakano T , Ohno T, Azuma M, Inoue H,
Nakanishi Y. Small interfering RNA against CD86 during allergen challenge blocks experimental
Allergic asthma. Respir Res.2014;15(1):132
7. Yoshioka K, Ishii K, Kuramoto T, Nagai S, Funao H, Ishihama H, Shiono Y, Sasaki A, Aizawa M,
Okada Y, Koyasu S, Toyama Y, Matsumoto M.A novel mouse model of soft-tissue infection using
bioluminescence imaging allows noninvasive, real-time monitoring of bacterial growth. PLoS One.
2014;9(9):e106367.

総説
1. Ritprajak P and Azuma M.Intrinsic and extrinsic control of expression of the immunoregulatory
molecule PD-L1 in epithelial cells and squamous cell carcinoma. Oral Oncol. 2014 ;12

(日本語)
総説
1.東 みゆき 上皮バリアと炎症 序 炎症と免疫 22: 2014

著書
1.東 みゆき 補助シグナル分子 南山堂医学大辞典 第 19版 分担執筆
2.白木 文子,永井 重徳.第12章「液性免疫のエフェクター機構」アバス−リックマン−ピレ「分子細胞免疫学」第7版(監訳:松島綱治,山田幸宏) 321-348,2014.

[学会発表]
(国際学会)
1.Ohno T, Kondo Y, Zhang C, Azuma M. T cell-dependent and –independent regulatory roles of a new inhibitory molecule VISTA. DC2014 (13th International Symposium on Dendritic cells)2014.9.14-17, Tours, France
2.Zhang C, Ohno T, Kang S, Bhingare AC, Takai T, Azuma M. Repeated antigen painting and sublingual immunotherapy convert sublingual dendritic cell populations. DC2014(13th International Symposium on Dendritic cells)2014.9.14-17, Tours, France
3.Bhingare AC, Ohno T, Tomura M, Zhang C, Azuma M.Demonstration of dental pulp DC migration to regional Lymph nodes using photoconvertible fluorescent protein transduced mice. DC2014(13th International Symposium on Dendritic cells)2014.9.14-17, Tours, France
4.Kunishige T, Taniguchi H, Ohno T, Azuma M, Hori J. The V-domain Ig suppressor of T cell activation1(VISTA) plays an essential role in the acceptance of corneal allografts. 2014 ISER (International Society for Eye Research)
5.Sunthamala N, Pientong C. Kongyingyoes B, Thierry F, Azuma M, Ekalaksananan T. 29th HPV16E2 protein modulates host gene transcription and promotes immunosuppressive status in tumor microenvironment. 0920 2014.9.20-25, Seattle, USA
6. Yamada K, Nakamura M, Nagai S, Honda M, Aizawa M. Cellular Responses of Immune Cells Derived from Mouse Spleen to Hydroxyapatite Ceramics Surface-modified with Inositol Phosphate. 26thSymphosium and Annual Meeting of the International Society for Ceramics in Medicine. 2014.11.6-8, Barcelona, Italy.

(国内学会)
1.国重 智之,谷口 ヒロ子、大野 建州、東 みゆき、堀 純子. 角膜移植の免疫応答におけるV-domain Ig suppressor of T cell activation (VISTA)の役割. 第48回日本 眼炎症学会 2014.7.4-6,東京
2.康 思ぶん、張 晨陽、近藤 雄太、前川 祥吾、大野 建州、東 みゆき. 免疫抑制共刺激分子CD274の口腔粘膜上皮における異なる発現. 第68回口腔科学会 2014.5.7-9, 東京
3. Bhingare AC、大野 建州、近藤 雄太、東 みゆき. 光変換蛍光タンパク発現マウスの利用による所属リンパ節に遊走する歯髄樹状細胞の同定. 第68回口腔科学会 2014.5.7-9, 東京
4.山田 清貴,中村 まり子,永井 重徳,本田 みちよ,相澤 守.イノシトールリン酸を表面修飾した水酸アパタイトセラミックスに対するマウス脾臓由来免疫細胞の応答性.第24回無機リン化学討論会,2014.9.25-26,高知.
5.大野 建州、東 みゆき. 新規抑制性共刺激分子VISTAのT細胞依存的あるいは非依存的免疫応答における役割解析 第56回歯科基礎医学会 2014.9.25-27, 福岡
6.康 思ぶん、大野 建州、東 みゆき. 舌背および歯肉上皮の有棘細胞に恒常的に認められる免疫抑制B7-H1分子発現 第56回歯科基礎医学会 2014.9.25-27, 福岡
7.近藤 雄太、大野 建州、張 晨陽、八木田 秀雄、原田 清、東 みゆき. Anti-tumor effects of mAb against a new immune-checkpoint molecule VISTA.第73回日本癌学会 2014.9.25-27, 横浜
8.Sunthamala N, Pientong C, Ekalaksananan T, Bhingare A, Kondo Y, Ohno T, Azuma M.HPV16 E2 protein promotes innate immunity by modulating immunosuppressive status.第73回日本癌学会 2014.9.25-27, 横浜
9.Nagai S, KurebayashiY, Azuma M, Yoshimura A, Koyasu S. Phosphorylation of Akt and Foxos induced by TGF-β negatively controls the differentiation of Induced Regulatory T Cells. 第43回日本免疫学会 2014.12.10-12,京都.
10.Zhang C, Kang S, Ohno T, Azuma M. PD-1 and/or B7-H1 deficiency in a Japanese Cedar Pollinosis model. 第43回日本免疫学会 2014.12.10-12, 京都
11.Kang S, Zhang C, Ohno T, Azuma M. Constitutive expression of co-inhibitory molecule B7-H1(CD274)in masticatory mucosa. 第43回日本免疫学会 2014.12.10-12, 京都
12.Bhingare AC, Ohno T, Kondo Y, Zhang C,Azuma M. Involvement of host-derived IL-33 in antitumor responses. 第43回日本免疫学会 2014.12.10-12, 京都
13.Kondo Y, Ohno T, Zhang C, Yagita H, Harada K, Azuma M. Anti-tumor effects of mAb against a new immune-checkpoint molecule VISTA/PD-1H. 第43回日本免疫学会 2014.12.10-12, 京都
14.Worawalun H, Zhang C, OhnoT, Kang S, Takai T, AzumaM. Repeated antigen painting and sublingual immunotherapy convert sublingual dendritic cell subsets. 第43回日本免疫学会 2014.12.10-12, 京都
15.永井 重徳,紅林 泰,東 みゆき,吉村 昭彦,小安 重夫.TGF-βによるAktおよびFoxoのリン酸化はiTreg分化を負に制御する. 第37回日本分子生物学会年会,2014.11.25-27,横浜

[講演]
1.東 みゆき 免疫チェックポイント分子による免疫応答制御 富山大学大学院セミナー 2014.8.14, 富山
2.東 みゆき 口腔免疫応答における制御機構 歯科基礎医学会学術シンポジウム「口腔として全身での免疫応答の最前線」第56回歯科基礎医学会 2014.9.26, 福岡

[研究助成金]
1. 日本学術振興会科学研究費補助金 基盤研究A 「口腔特有の免疫応答制御メカニズムの解明」研究代表者 東 みゆき 
2. 日本学術振興会科学研究費補助金 挑戦的萌芽研究 「皮膚および口腔粘膜における炎症の蔓延化メカニズムの解析」研究代表者 東 みゆき
3. 日本学術振興会科学研究費補助金 基盤研究B 「粘膜細菌感染におけるFoxp3陰性IL-10産生制御T細胞の分化・機能の解析」 研究代表者 永井 重徳
4. 日本学術振興会科学研究費補助金 基盤研究C「インターロイキン33による新しい歯周炎病態形成抑制機構」研究代表者 大野 建州
5. 日本学術振興会受託研究 「歯学/病態科学歯学・歯科放射線学分野にかかる学術研究動向に関する調査研究」研究代表者 東 みゆき
6. 日本学術振興会科学研究費補助金 基盤研究C「終末糖化産物(AGEs)はインプラントの
リスク評価に有用か」 研究分担者 大野 建州

[その他]
(セミナー・大学院特別講義)
1.戸村 道夫:新規蛍光タンパク質を用いた免疫応答の可視化解析 大学院特別講義 2014.6.9
2.河上 裕:がん細胞と免疫系の相互作用の解明―効果的ながん免疫療法の開発を目指して― 大学院特別講義 2014.6.23

(特許)