グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 分子免疫学分野  > 年報  > 2013

2013

分子免疫学分野
Molecular Immunology
教  授 東 みゆき
准教授 永井重徳(9月~)
助  教 大野建州   
非常勤講師 清野 宏,橋口昌章,神村洋介,
      東 剛司 (10月~)
大学院生(博士)
     Zhang Chenyang,
     Bhingare C. Arundhati,
     Kang Siwen,
     前川祥吾(歯周病学分野),
     近藤雄太(顎顔面外科学分野),
     Hirunwidchayarat Worawalun(10月~),
大学院研究生
     Doan Ti Toa(~9月)
     Niken Adiba Nadya(10月~)
(1)教育
担当科目:
 当該年度は、歯学部歯学科の第3学年「感染と生体防御モジュール」(ユニット1:感染と生体防御概論、ユニット5:
生体免疫応答)、 歯学部口腔保健学科・口腔保健衛生学専攻の第2学年「病原微生物と生体防御」、口腔保健工学専攻の第2
学年「感染予防」、医学部医学科第2学年「免疫学I」、大学院医歯学総合研究科・修士課程医歯理工学専攻「免疫学」、大学
院医歯学総合研究科・博士課程・分子免疫学特論・演習・実験を担当した。
教育方針:
 生体防御機構において免疫システムがどのようにかかわっているかを理解する。免疫システムが関与する全身性および臓
器特異的疾患の発症メカニズムと免疫制御による疾患治療の可能性を習得させることを目的としている。
(2)研究
研究目標: 
 生体防御において重要な役割を果たしている免疫系は、リンパ球上の膜分子と可溶性分子の相互反応により巧みに制御さ
れ維持されている。なかでも、抗原特異的な適応免疫反応を担うT細胞とB細胞は、抗原受容体を介した刺激のみならず、共
刺激(costimulatory)分子と呼ばれる細胞表面機能分子の働きにより、免疫応答の質と量が決定されている。また、各免疫細
胞や周囲組織細胞から産生される種々のサイトカインも,免疫応答の制御に深く関わっている。T細胞およびB細胞、マク
ロファージ、樹状細胞などの抗原提示細胞を含む免疫担当細胞はもちろんのこと、各種臓器における組織細胞上の多種多様
な補助シグナル分子の発現、制御、機能を解明することで、補助シグナル分子の役割を明らかにする.また、これらの分子
を標的とした、骨髄移植・臓器移植・自己免疫疾患・癌・炎症(歯髄炎,歯周炎を含む)およびアレルギー性疾患における免
疫治療法を開発する。
 口腔粘膜や歯における免疫応答は、全身性免疫と共通な部分と口腔独自のユニークな部分から成り立っている。口腔独自
のユニークな点を、口腔粘膜樹状細胞に注目しながら、分子レベルで解析することにより、口腔における免疫応答の特性を
明らかにしていく。さらに、研究成果をもとに口腔疾患の治療法開発へ繋げる。
 本年は、以下のテーマで研究を行った。
1.口腔粘膜樹および歯髄樹状細胞の動態および機能解析
1)マウス歯髄から所属リンパ節に遊走する樹状細胞の同定
2)口腔粘膜への抗原刺激により変化する粘膜局所および所属リンパ節遊走樹状細胞
3)花粉症治療のための舌下粘膜療法の効果発現に関わる口腔粘膜樹状細胞の関与
2.新規B7ファミリー補助シグナル分子の機能解析
1)皮細胞上のCD274 (B7-H1) の発現動態とその誘導にかかわるシグナル分子解析
2)舌下粘膜経由の抗原特異的免疫応答にけるCD279 (PD-1):CD274/CD273経路の関与
— 11 —
口腔機能再構築学講座
3)CD279:CD274 経路の歯肉炎および歯周病発症における関与
4)新規分子VISTA (PD-1H)の機能解析
5)CD279:CD274/CD274経路の抗体産生系への影響
6)T細胞以外に発現するTlt2の機能解析
7)癌免疫応答にかかわるCD279非依存性経路の探索
3.新規サイトカインIL-33の機能解析
1)マウス歯肉炎・歯周病モデルにおける IL-33の関与
2)TLR リガンド刺激によるIL-33の発現制御
4.ヘリコバクターピロリ(Hp)感染におけるヘルパーT(Th)細胞の機能解析
1)PI3K-mTORC1経路がHp特異的Th細胞分化に及ぼす影響
2)低酸素応答がHp特異的Th細胞分化に及ぼす影響
5.ヒトパピローマウイルス (HPV)16 E2の宿主免疫に与える影響
 研究手法としては、モノクローナル抗体作成による組織および細胞上の発現およびin vitroおよび in vivoでの機能解析、
ノックアウトあるいはトランスジェニックマウスを用いた機能解析、発現クローニングによる未知のレセプター・リガンド
分子の同定、マウス疾患モデルにおける補助シグナル分子発現の免疫組織学的解析や抗体投与実験などを用いている。
(3)研究業績
[原著]
(欧文)
1. Ueno T, Yeung MY, McGrath M, Yang S, Zaman N, Snawder B, Padera RF, Magee CN, Gorbatov R, Hashiguchi M,
Azuma M, Freeman GJ, Sayegh MH, Najafian N. Intact B7-H3 signaling promotes allograft proliferation through
preferential suppression of Th1 effector responses. Eur J Immunol 42:2343-53, 2013
2. Schmiedel BJ, Scheible CA, Neubling T, Kopp H, Wirths S, Azuma M, Schneider P, Jung G, Grosse-Hovest L, Salih
HR. RANKL expression, function and therapeutic targeting in multiple myeloma and chronic lymphocytic leukemia.
Cancer Res 73: 683-694, 2013.
3. Schmiedel BJ, Nuebling T, Steinbacher J, Malinovska A, Wende CM, Azuma M, Schneider P, Grosse-Hovest L. Salih
HR. Rreceptor activator for NF-kB ligand in acute myeloid leukemia: expression, function and modulation of NK cell
immunosurveillance. J Immunol 190:821-31, 2013
4. Kamijo S, Takeda H, Tokura T, Suzuki M , Inui K, Hara M, Matsuda H, Matsuda A , Oboki K, Ohno T, Saito H,
Nakae S, Sudo K, Suto H, Ichikawa S, Ogawa H, Okumura K, Takai T. IL-33-mediated innate response and adaptive
immune cells contribute to maximum responses of protease allergen-induced allergic airway inflammation. J
Immunol 190:4489-99, 2013.
5. Van der Werf N, Redpath SA, Azuma M, Yagita H, Taylor MD. Th2 cell-intrinsic hypo-responsiveness determines
susceptibility to helminth infection. PLOS Pathogens 62:2859-60, 2013
6. Pauken KE, Jenkins MK, Azuma M. Fife BT. PD-1, but not PD-L1, expressed by islet-reactive CD4+ T cells
suppresses infiltration of the pancreas during type 1 diabetes. Diabetes 62:2859-60, 2013
7. Saha A, Aoyama K, Taylor PA, Koehn BH, Veestra RG, Panoskaltsis-Mortari A, Munn DH, Murphy WJ, Azuma M,
Yagita H, Fife B, Sayegh MH, Najafian N, Ahme R, Freeman GJ, Sharpe AH, Blazar BR. Host programmed death
ligand-1 is dominant over programmed death ligand-2 expression in regulating graft-versus-host disease lethality
Blood 122:3062-73, 2013
8. Baghdadi M, Yoneda A, Yamashina T, Nagao H, Komohara Y, Nagai S, Akiba H, Foretz M, Yoshiyama H, Kinoshita
I, Dosaka-Akita H, Takeya M, Viollet B, Yagita H, Jinushi M. TIM-4 glycoprotein-mediated degradation of dying
tumor cells by autophagy leads to reduced antigen presentation and increased immune tolerance. Immunity 39:1070-
81, 2013.
9. Murakami R, Denda-Nagai K, Hashimoto SI, Nagai S, Hattori M, Irimura T. A unique dermal dendritic cell subset
that skews the immune response toward Th2. PLoS One 8:e73720, 2013.
10. Yoshida H, Kotani H, Kondo T, Tani I, Wei X, Tsuruta S, Kimura A, Asakawa M, Ito M, Nagai S, Yoshimura A. CDK
inhibitors suppress Th17 and promote iTreg differentiation, and ameliorate experimental autoimmune
encephalomyelitis in mice. Biochem Biophys Res Commun 435:378-84, 2013.
[著書]
分担執筆 東 みゆき 5.7口腔粘膜の疾患5.アレルギー・自己免疫性疾患 p701-703 口腔科学 朝倉書店 戸塚靖則・高
— 12 —
口腔機能再構築学講座
— 13 —
口腔機能再構築学講座
戸毅 監修、 2013.11.25 初版
[総説]
(欧文)
1. Nagai S, Kurebayashi Y, Koyasu S. Role of PI3K/Akt and mTORcomplexes in Th17 differentiation. Ann N Y Acad
Sci 280:30-34, 2013.
2. Kurebayashi Y, Nagai S, Ikejiri A, Koyasu S. Recent advances in understanding the molecular mechanisms of the
development and function of Th17 cells. Genes Cells 18:247-65, 2013.
3. Nakae S, Morita H, Ohno T, Arae K, Matsumoto K, Saito H. Role of interleukin-33 in innate-type immune cells in
allergy. Allergol Int 62:13-20, 2013.
(和文)
1. 永井重徳.mTORによるTh17分化機構.炎症と免疫 21(2): 98-107, 2013.
2. Morita H, Unno H, Arae K, Ohno T, Saito H, Matsumoto K, Nakae S. Role of IL-25 and IL-33 in allergic diseases.
Arerugi 62:924-35, 2013.
3. 大野建州、森田英明、東みゆき、中江進.マクロファージからのIL-33産生誘導の機序.臨床免疫・アレルギー科
59:309-317, 2013
4. 大野建州、東みゆき.CD28/B7ファミリーと免疫応答 抑制性共刺激分子を中心に.医学のあゆみ 245:211-217, 2013
5. 東 みゆき.Cosignal分子標的療法 -from bench to bedside and back to bench- 序 炎症と免疫 21: 179-181, 2013
6. 東 みゆき.PD-1免疫チェックポイント阻害による癌免疫療法 医学のあゆみ244:809-815, 2013
7. 東 みゆき.歯髄の炎症応答解析に必要な基礎免疫学 歯科医療 27: 4-13, 2013
8. 東 みゆき.共刺激分子に対するアゴニスト抗体 実験医学 31: 1958-1963, 2013
[学会発表]
(国際学会)
1. Azuma M, Zhang C, Yanagisawa S, Tomoda T, Kang S, Ohno T. Effects of sublingual immunotherapy on a murine
model of Japanese cedar pollinosis. Immunology 2013, Honolulu, USA, 2013.5.3-7.
2. Ohno T, Zhang C, Yagita H, Azuma M. Dual function of PD-1 in CD4+ T cell responses by sublingual mucosamediated
antigen application. Immunology2013, Honolulu, USA, 2013.5.3-7.
3. Ishihama H, Ishii K, Nagai S, Kakinuma H, Sasaki A, Yoshioka K, Kuramoto T, Shiono Y, Aizawa M, Okada Y,
Koyasu S, Toyama Y, Matsumoto M. Development of a novel antimicrobial-coated biomedical polymer. The
International Society for the Study of Lumbar Spine (ISSLS) 2013, Arizona, USA, 2013.5.13-17.
4. Yosihoka K, Ishii K, Nagai S, Kakinuma H, Kuramoto T, Sasaki A, Aizawa M, Okada Y, Koyasu S, Toyama Y,
Matsumoto M. A comparison of biofilm formation in various metal materials. The International Society for the
Study of Lumbar Spine (ISSLS) 2013, Arizona, USA, 2013.5.13-17.
5. Shiono Y, Ishii K, Nagai S, Kuramoto T, Yoshioka K, Ishihama H, Funao H, Kakinuma H, Sasaki A, Aizawa M,
Okada Y, Koyasu S, Toyama Y, Matsumoto M. Propionibacterium acnes causes delayed surgical site infection only in
the presence of implant. The International Society for the Study of Lumbar Spine (ISSLS) 2013, Arizona, USA,
2013.5.13-17.
6. Azuma M, Zhang C, Ohno T. Unique features of sublingual mucosal dendritic cells after antigen application. 2nd
Meeting of the International Association of Dental Research-Asia Pacific Region (IADR-APR), Bangkok, Thailand,
2013.8.21-23
7. Ohno T, Zhang C, Maekawa S, Azuma M. Dual roles interleukin-33 in LPS-induced gingival inflammation. 2nd
Meeting of the International Association of Dental Research-Asia Pacific Region (IADR-APR), Bangkok, Thailand,
2013.8.21-23
8. Maekawa S, Ohno T, Kobayashi H, Nakagawa I, Izumi Y, Azuma M. 'Protective roles of co-inhibitory molecule
B7-H1 in gingival inflammation'. 2nd Meeting of the International Association of Dental Research-Asia Pacific Region
(IADR-APR), Bangkok, Thailand, 2013.8.21-23.
9. Zhang C, Ohno T, Azuma M. Unique features of sublingual mucosal dendritic cells after antigen application. 15th
International Congress of Immunology (ICI), Milan, Italy, 2013.8.22-27.
10. Ohno T, Zhang C, Yagita H, Azuma M. Co-stimulatory effects of PD-1 in sublingual mucosa-mediated CD4+ T cell
responses. 15th International Congress of Immunology (ICI), Milan, Italy, 2013.8.22-27
11. Zhang C, Yagishita S, Tomoda T, Kang S, Azuma M. Establishment of a simple method for Japanese cedar
pollinosis and sublingual immunotherapy in mice. 15th International Congress of Immunology (ICI), Milan, Italy,
— 14 —
2013.8.22-27.
12. Nakamura M, Zhuang Z, Umeda R, Nagai S, Aizawa M. Cellular response of immunocyte to boron-containing apatite
ceramics. The 2nd International Symposium on Inorganic and Environmental Materials (ISIEM) 2013, Rennes,
France, 2013.10.27-31.
(国内学会)
1. Yoshizawa A, Nagai S, Baba Y, Nishimura T, Yamada T, Koyasu S. Development of pulmonary alveolar proteinosis
in PI3K deficient mice. The Joint International Meeting of The 78th Meeting of the Japanese Society of Interferon
and Cytokine Research and The 21st International Symposium on Molecular Cell Biology of Macrophages2013 東京
2013.5.20-21
2. 前川祥吾、大野建州、小林宏明、中川一路、和泉雄一、東みゆき. 急性および慢性歯肉炎症における免疫抑制分子
B7-H1の関与. 第56回日本歯周病学会(春季) 東京2013.5.31-6.1
3. 吉岡研之、石井賢、永井重徳、柿沼祐亮、佐々木文、相澤守、岡田保典、小安重夫、戸山芳昭、松本守雄. 超音波照
射はインプラント表面のバイオフィルムを除去しインプラント関連感染症 (IAI) の発症を予防する. 第25回整形外科超
音波学会学術集会  名古屋 2013.6.6
4. Bhingare A、大野建州、張晨陽、東みゆき. Kaedeトランスジェニックマウスを利用した歯髄から所属リンパ節に遊
走する樹状細胞の同定. 第55回歯科基礎医学会学術大会 岡山 2013.9.20-22 
5. 張晨陽、大野建州、東みゆき. 抗原塗布後における舌下粘膜樹状細胞の特徴.  第55回歯科基礎医学会学術大会 岡山
2013.9.20-22 
6. Nagai S, Yoshizawa A, Baba Y, Yamada T, Nishimura T, Koyasu S. The pathogenesis of pulmonary alveolar
proteinosis in PI3K deficient mice. 第42回日本免疫学会学術集会 幕張2013.12.11-13
7. Zhang C, Kang S, Ohno T, Azuma M. Unique features of sublingual mucosal dendritic cells. 第42回日本免疫学会学
術集会 幕張 2013.12.11-13
8. Ohno T, Zhang C, Azuma M. T cell-dependent and -independent regulatory roles of a new inhibitory molecule
VISTA. 第42回日本免疫学会学術集会 幕張  2013.12.11-13
9. Kang S, Zhang C, Ohno T, Yanagisawa S, Yagita H , Azuma M. Involvement of PD-1 and B7-H1 in a Japanese
ceder pollinosis. 第42回日本免疫学会学術集会 幕張 2013.12.11-13
10. Bhingare A, Ohno T, Zhang C, Tomura M, Azuma M. Determination of Migratory Dental Pulp Dendritic Cells in
Regional Lymph Nodes using. 第42回日本免疫学会学術集会 幕張 2013.12.11-13
11. Adachi T, Moro K, Nagai S, Amagai M, Nagao K.. Resident memory T cells in epidermis require hair follicle-derived
cytokines for survival. 第42回日本免疫学会学術集会 幕張 2013.12.11-13
[研究助成金]
1. 日本学術振興会科学研究費補助金 基盤研究A「口腔組織特異的免疫応答と免疫寛容の制御メカニズムの解明」研究
代表者 東 みゆき 
2. 日本学術振興会科学研究費補助金 挑戦的萌芽研究「皮膚および口腔粘膜における炎症の蔓延化メカニズムの解析」
研究代表者 東 みゆき
3. 日本学術振興会科学研究費補助金 若手研究B 「Th17細胞分化におけるPI3K-Akt-mTORC1経路による制御機構の解
明」 研究代表者 永井 重徳
4. 日本学術振興会科学研究費補助金 若手研究B 「歯周病病態形成におけるインターロイキン33関与の解明」研究代表
者 大野 建州
5. 日本学術振興会受託研究「歯学/病態科学歯学・歯科放射線学分野にかかる学術研究動向に関する調査研究」研究代
表者 東 みゆき
[その他]
(セミナー・大学院特別講義)
1. 長谷耕二:粘膜面におけるバリア機構 大学院特別講義 2013.6.10
2. 出原賢治:アレルギー性炎症の慢性機序 大学院特別講義 2013.7.1
(特許)
1. CARRER No.: US 8524250 B2, 2013.9.13, S Koyasu, S Nagai, C Sasakawa, H Mimuro