グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 分子免疫学分野  > 年報  > 2012

2012

分 子 免 疫 学 分 野
Molecular Immunology


教授     東 みゆき
准教授    岩井 佳子
助教     大野 建州   
非常勤講師     清野 宏
          橋口 昌章
          神村 洋介
大学院生(博士)   Chenyang Zhang
          Arundhati C. Bhingare
          Siwen Kang (10月から)
          前川 祥吾(歯周病学分野)
大学院生(修士)   児玉 雄一 (生命情報科学教育部)
大学院研究生    Doan Ti Toa (10月から)

(1)教育
担当科目:
 当該年度は、歯学部歯学科の第2学年「最新の歯科研究・歯科臨床」および第3学年「感染と生体防御モジュール」(ユニット1:感染と生体防御概論、ユニット4:生体免疫応答)、 歯学部口腔保健学科口腔保健衛生学専攻の第2学年「病原微生物と生体防御」、医学部医学科MIC「免疫学」、大学院医歯学総合研究科 医歯科学修士課程「ウイルス免疫疾患総論」、生命情報科学教育部博士(前期)免疫学・生体異物情報学特論」および医歯学総合研究科博士課程 分子免疫学特論・演習・実験を担当した。
教育方針:
生体防御機構において免疫システムがどのようにかかわっているかを理解する。免疫システムが関与する全身性および臓器特異的疾患の発症メカニズムと免疫制御による疾患治療の可能性を習得させることを目的としている。

(2)研究
<研究目標> 生体防御において重要な役割を果たしている免疫系は、リンパ球上の膜分子と可溶性分子の相互反応により巧みに制御され維持されている。なかでも、抗原特異的な適応免疫反応を担うT細胞とB細胞は、抗原受容体を介した刺激のみならず、共刺激(costimulatory)分子と呼ばれる細胞表面機能分子の働きにより、免疫応答の質と量が決定されている。また、各免疫細胞や周囲組織細胞から産生される種々のサイトカインも,免疫応答の制御に深く関わっている。T細胞およびB細胞、マクロファージ、樹状細胞などの抗原提示細胞を含む免疫担当細胞はもちろんのこと、各種臓器における組織細胞上の多種多様な補助シグナル分子の発現、制御、機能を解明することで、補助シグナル分子の役割を明らかにする.また、これらの分子を標的とした、骨髄移植・臓器移植・自己免疫疾患・癌・炎症(歯髄炎,歯周炎を含む)およびアレルギー性疾患における免疫治療法を開発する。
口腔粘膜や歯における免疫応答は、全身性免疫と共通な部分と口腔独自のユニークな部分から成り立っている。口腔独自のユニークな点を、口腔粘膜樹状細胞に注目しながら、分子レベルで解析することにより、口腔における免疫応答の特性を明らかにしていく。さらに、研究成果をもとに口腔疾患の治療法開発へ繋げる。

 本年は、以下のテーマで研究を行った。
1.口腔粘膜樹状細胞および歯髄樹状細胞の発現型および機能解析
1) マウス歯髄炎モデルにおける歯髄由来樹状細胞の性状、動態、機能の解析
2) 口腔粘膜から遊走した所属リンパ節における樹状細胞の性状および機能解析
3) 花粉症治療のための舌下粘膜療法の効果発現に関わる口腔粘膜樹状細胞の関与
2. 新規B7ファミリー補助シグナル分子の機能解析
1) 上皮角化細胞に過剰発現させたB7-H1の急性および慢性炎症と発癌への関与
2) 舌下粘膜経由の抗原特異的免疫応答にけるCD279:CD274/CD273経路の関与
3) PD-1:B7-H1 経路の歯肉炎および歯周病発症における関与
4) 新規分子 VISTA (PD-1H)の機能解析
5) B7-H3のレセプター分子の同定とその発現・機能解析
6) ヒトおよびマウスB7-H3:Tlt2経路の免疫応答における機能解析
7) T細胞以外に発現するTlt2の機能解析
2. 新規サイトカインIL-33の機能解析
1) 歯周病病態形成における IL-33の関与
4) TLR リガンド刺激によるIL-33の発現制御
3. 4. 転写因子BATFの機能解析
1) 樹状細胞におけるBATF発現とその機能解析
2) 記憶T細胞応答におけるBATFの機能解析

 研究手法としては、モノクローナル抗体作成による組織および細胞上の発現およびin vitroおよび in vivoでの機能解析、ノックアウトあるいはトランスジェニックマウスを用いた機能解析、発現クローニングによる未知のレセプター・リガンド分子の同定、マウス疾患モデルにおける補助シグナル分子発現の免疫組織学的解析や抗体投与実験などを用いている。

(3)研究業績

[原著]
1. Ritprajak P, Hashiguchi M, Akiba H, Yagita H, Okumura K, Azuma M. Antibodies against B7-DC with differential binding properties exert opposite effects. Hybridoma 31: 40-47, 2012.
doi: 10.1089/hyb.2011.0087
2. Hashiguchi M, Inamochi Y, Nagai S, Otsuki N, Piao J, Kobori H, Kanno Y, Kojima H, Kobata T, Azuma M. Human B7-H3 binds to Triggering receptor expressed on myeloid cells-like transcript 2 (TLT-2) and enhances T cell responses. Open J Immunol 2:9-16, 2012. doi:10.4236/oji.2012.21002
3. Yokosuka T, Takamatsu M, Kobayashi-Imanishi W, Hashimoto-Tani A, Azuma M, Saito T. Programmed cell death-1 forms negative costimulatory microclusters that directly inhibit T cell receptor signaling by recruiting phosphatase SHP2. J Exp Med 209:935-945, 2012. doi:10.1084/jem.20112741
4. Isoda Y, Takagi M, Piao J, Nakagama S, Sato M, Masuda K, Ikawa T, Azuma M, Morio T, Kawamoto H, Mizutani S. Process for immune defect and chromosomal translocation during early thymocyte development lacking ATM. Blood 120: 789-799, 2012.
doi: 10.1182/blood-2012-02-413195
5. Morita H, Arae K, Ohno T, Kajiwara N, Oboki K, Matsuda A, Suto H, Okumura K, Sudo K, Takahashi T, Matsumoto K, Nakae S. ST2 requires Th2-, but not Th17-, type airway inflammation in epicutaneously antigen- sensitized mice. Allergol Int 61:265-73, 2012
doi: 10.2332/allergolint.11-OA-0379
6. Ohno T, Morita H, Arae K, Matsumoto K, Nakae S. Interleukin-33 in allergy. Allergy 67:1203-14, 2012.
doi: 10.1111/all.12004
7. Ueno T, Yeung MY, McGrath M, Yang S, Zaman N, Snawder B, Padera RF, Magee CN, Gorbatov R, Hashiguchi M, Azuma M, Freeman GJ, Sayegh MH, Najafian N. Intact B7-H3 signaling promotes allograft proliferation through preferential suppression of Th1 effector responses. Eur J Immunol 42: 2343-53, 2012. doi:10.1002/rji.201242501
8. Schmiedel BJ, Scheible CA, Neubling T, Kopp H, Wirths S, Azuma M, Schneider P, Jung G, Grosse-Hovest L, Salih HR. RANKL expression, function and therapeutic targeting in multiple myeloma and chronic lymphocytic leukemia. Cancer Res 73: 683-694, 2013. doi:10.4049/jimmunol.1201782. Equb 2012 Dec 14.
9. Schmiedel BJ, Nuebling T, Steinbacher J, Malinovska A, Wende CM, Azuma M, Schneider P, Grosse-Hovest L. Salih HR. Rreceptor activator for NF-kB ligand in acute myeloid leukemia: expression, function and modulation of NK cell immunosurveillance. J Immunol 190: 821-31, 2013, doi:10.1158/0008-5472.CAN-12-2280. Epub 2012 Nov 8.

[学会発表]
(国内学会)
1.長谷川久紀、溝口史高、東みゆき、宮坂信之、上阪等. CD28補助刺激阻害による CD8 T細胞依存性多発性筋炎モデルの治療. 第 56回日本リウマチ学会 2012.4.26-28 東京
2.大野建州、前川祥吾、和泉雄一、東みゆき.マウスLPS誘導歯周炎におけるIL-33の関与. 第54回歯科基礎医学会学術大会・総会 郡山 2012.9.14-16
3. 張晨陽、大野建州、東みゆき. 抗原塗布後の舌下粘膜樹状細胞の動態. 第54回歯科基礎医学会学術大会・総会 郡山 2012.9.14-16
4. 荒牧音、Bhingare Arundhati、大野建州、張晨陽、田上順次、東 みゆき. 咬頭切削後の所属リンパ節における歯髄から遊走する樹状細胞の解析. 第54回歯科基礎医学会学術大会・総会 郡山 2012.9.14-16
5. 大野建州、前川祥吾、和泉雄一、東みゆき. LPS誘導歯周炎マウスモデルにおけるIL33の関与. 第77回口腔病学会学術大会 東京 2012.11.30-12.1
6. 張晨陽、大野建州、東みゆき.舌下粘膜樹状細胞は抗原刺激により急激に枯渇する. 第77回口腔病学会学術大会 東京 2012.11.30-12.1
7. Ohno T, Zhang C, Yagita H, Azuma M. Dual functions of PD-1 in CD4+ T cell responses by sublingual mucosa-mediated antigen application. 第41回日本免疫学会学術集会 神戸 2012.12.5-7
8. Zhang C, Ohno T, Azuma M. Dynamics of oral mucosal dendritic cells after antigen application.  第41回日本免疫学会学術集会 神戸 2012.12.5-7
9. Yanagisawa S, Zhang C, Tomoda T,Ohno T, Azuma M. Establishment of a murine model for Japanese cedar pollinosis that manifests various symptoms like rhinitis, dermatitis, and asthma. 第41回日本免疫学会学術集会 神戸 2012.12.5-7
10. Bhingare AC, Aramaki O, Ohno T, Zhang C, Azuma M. Characterization of migrating dental pulp dendritic cells in regional lymph nodes after cusp treatment. 第41回日本免疫学会学術集会 神戸 2012.12.5-7
11. Maekawa S, Ohno T, Kobayashi H, Nakagawa I, Izumi Y, Azuma M. Involvement of PD-1 and B7-H1 in acute and chronic inflammation in periodontal disease. 第41回日本免疫学会学術集会 神戸 2012.12.5-7
12. Kamijo S, Takai T, Matsuda A, Oboki K, Ohno T, Saito H, Nakae S,Sudo K, Ogawa H, Okumura Ko. Contribution of adaptive immune cells and IL-33-mediated innate response to protease allergen-dependent allergic airway inflammation. 第41回日本免疫学会学術集会 神戸 2012.12.5-7
13. Hasegawa H, Mizoguchi F, Azuma M, Miyasaka N, Kohsaka H. Treatment of polymyositis model dependent on CD8 T cells by inhibition of CD28-CD80/CD86 costimulation. 第41回日本免疫学会学術集会 神戸 2012.12.5-7

(国際学会)
1. Azuma M, Aramaki O, Bhingare AC, Zhang C, Ohno T, Chalermsarp N. Differential expression of CO-SIGNAL molecules and migratory properties in four distinct subsets of migratory dendritic cells from the oral mucosa. DC2012 2012.10.7-11,Daegu,Korea
2. Zhang C, Ohno T, Azuma M. Dynamics of oral mucosal dendritic cells after antigen application. DC2012 2012.10.7-11,Daegu,Korea
3. Bhingare A, Aramaki O, Ohno T, Chenyang Z, Azuma M. Characterization of migrating dental pulp dendritic cells in regional lymph nodes after cusp treatment. DC2012 2012.10.7-11,Daegu,Korea
4. Nuebling T, Schmiedel BJ, Azuma M, Schneider P, Grosse-Hovest L, Kanz L, Salih HR. Fc-engineered RANK-Ig fusion proteins for targeting AML cells for NK cell reactivity. DGHO 2012 2012.10.10-14, Hamburg, Germany
5. Nuebling T, Schmiedel BJ, Azuma M, Schneider P, Grosse-Hovest L, Kanz L, Salih HR. Induction of NK cell reactivity against AML cells by Fc-enginneering RANK-Ig fusion proteins.54th ASH Atlanta,USA.2012.12.8-11
6. Nuebling T, Schmiedel BJ, Azuma M, Schneider P, Grosse-Hovest L, Kanz L, Salih HR.Therapeutic targeting of RANKL to modulate pathophysiology and to induce NK cell anti-tumor reactivity in multiple myeloma.NK cell symposium 2012. Heidelberg. 2012.9.26-28.

(著書)
(総説)
1. 大野建州、東みゆき、中江進 IL-33と慢性アレルギー炎症 実験医学30 (6): 918-925, 2012
2. 大野建州、東みゆき、中江進 IL-25, IL-33と自然リンパ球 実験医学.2012.30 (19): 3062-3071, 2012

[研究助成金]
1. 日本学術振興会科学研究費補助金 基盤研究A「口腔組織特異的免疫応答と免疫寛容の制御メカニズムの解明」研究代表者 東 みゆき 
2. 日本学術振興会科学研究費補助金 挑戦的萌芽研究 「舌下免疫療法の効果発現に至る口腔粘膜免疫システム特性の解明」研究代表者 東 みゆき
3. 日本学術振興会科学研究費補助金 基盤研究C 「免疫抑制性シグナルの可視化技術による記憶T細胞形成のメカニズムの解析」 研究代表者 岩井 佳子
4. 日本学術振興会科学研究費補助金 若手研究B 「アレルギー性気道炎症におけるIL-33誘導性Th17細胞の解析」研究代表者 大野 建州
5. 産学官連携活動共同研究(小野薬品株式会社)「樹状細胞分化におけるBATFの役割」 研究代表者 岩井 佳子

[その他]
(セミナー・大学院特別講義)
1. 小安 重夫:TH2型の自然免疫反応 大学院特別講義 2012.6.18
2. 小笠原 康悦:金属アレルギーの現状と基礎研究 大学院特別講義 2012.6.25