グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 医科学数理分野  > CREST医療ビッグデータ応用

CREST医療ビッグデータ応用

科学技術振興機構 CREST
『科学的発見・社会的課題解決に向けた各分野のビッグデータ利活用推進のための次世代アプリケーション技術の創出・高度化』領域

平成26年度採択
「医学・医療における臨床・全ゲノム・オミックスのビッグデータの解析に基づく疾患の原因探索・亜病態分類とリスク予測」

研究代表者: 角田達彦


研究概要

47疾患33万症例のバイオバンク、患者由来の多層オミックス、リウマチと肝炎の前向き観察コホート等の国内屈指のゲノム・臨床データと外部の多種多様な分子データを加え国際的にもユニークなビッグデータを構成し、最先端の統計学・情報学を駆使した統合解析を戦略的に行い、個人ごとの疾患発症、薬剤効果、副作用の予測と予防が可能なオーダーメイド医療の根幹の確立をめざします。併せて近未来の新しい医療ビックデータの解析基盤を支える技術の開発研究を行います。

成果

1. 開発したプログラム

(1) VCMM: http://emu.src.riken.jp/VCMM/
(2) HML : http://emu.src.riken.jp/HML/
(3) SIML : emu.src.riken.jp/SIML/
(4) SP-HMM : https://github.com/jonishino/SP-HMM
(5) Arete : http://emu.src.riken.jp/arete/arete.html

2. 研究成果

(1) 免疫機能の個人差に関わる遺伝子カタログを作成:
 ・ 理化学研究所プレスリリース
  →60秒でわかるプレスリリース


(2) 肝臓がん300例の全ゲノムを解読:
 ・理化学研究所プレスリリース
  →60秒でわかるプレスリリース
 
 ・国立がん研究センタープレスリリース

さらなる本CRESTプロジェクトの成果を示す各機関のリンク