診療科・センター・部門

腫瘍化学療法外科外来担当表はこちら

科長のご紹介

外科手術と抗がん剤治療の組み合わせで、
個々の患者さんに最適な治療を提供する
「オーダーメイド治療」を目指します

科長 植竹 宏之 -Hiroyuki Uetake-
専門医 日本外科学会 外科専門医・指導医
専門分野 消化器がんの治療
消化器がんの化学療法(主に大腸癌)
研究領域 消化器がんにおけるオーダーメイド治療(個別化治療)
消化器がん化学療法の治療効果予測・予後予測因子
電話番号 03-5803-5675
専用ホームページ http://www.tmd.ac.jp/srg/synnryou/chemosrg/index.html

2015年4月、『腫瘍化学療法外科』が発足しました。
近年のがん薬物療法(化学療法)の進歩はめざましいものがあります。1990年代まで、消化器がんは一般に抗がん剤が効きにくいがんとされていましたが、近年では有効な薬剤が多数登場し、患者さんの生存期間の延長に寄与しています。その一方で、多くの薬剤を使いこなす、専門的な知識や経験が求められるようになりました。
腫瘍化学療法外科では、従来より消化器がん治療の中心である外科治療(手術)にも精通し、疾患を総合的に診ることができる医師が、それぞれの患者さんに最適な化学療法を行います。

診療科の概要

大腸がんを中心に、外科手術と化学療法(抗がん剤治療)の組み合わせで、それぞれの患者さんの病状に応じて最 適な治療を提供する「オーダーメイド治療」を目指して、専門のスタッフが診療にあたります。
肝胆膵外科、呼吸器外科、放射線科などと協力して、転移・再発した病巣の手術治療や放射線治療も行います。
緩和ケア外来や医療連携支援センターと連携し、患者さん・ご家族のQOLを高める支援にも努めています。

取り扱うおもな疾患

大腸がん(結腸がん・直腸がん)、転移性肝がん、転移性肺がんなど

おもな診断・治療法

  • 進行再発大腸がんの化学療法
  • 大腸がん手術後の補助化学療法

転移・再発巣の手術、放射線治療を含む集学的治療戦略を立案し、それぞれの患者さんに最適ながん治療を提供します。

診療科における研究テーマ

  1. 消化器がんにおけるオーダーメイド治療(個別化治療)
  2. 消化器がん化学療法の治療効果予測・予後予測因子