診療科・センター・部門

小児科外来担当表はこちら

科長のご紹介

お子さんたちを成長・発育の面から全人的に支援します
あたたかく良質な医療を提供します

科長 森尾 友宏 -Tomohiro Morio-
専門医 日本小児科学会認定 小児科専門医
日本血液学会認定 血液専門医
専門分野 小児感染症
血液・免疫疾患
再生医療・細胞治療
研究領域 小児難病(特に原発性免疫不全症などの希少難病)の遺伝的背景と病態解明
小児難病に対する先端的治療法の開発
専門外来 アレルギー外来
育児支援外来(すくすく外来)
血液外来
CSS 長期フォローアップ外来
腫瘍外来
循環器外来
小児遺伝外来
小児リウマチ先進治療外来
神経外来
新生児フォローアップ外来
腎臓外来
造血細胞移植外来
内分泌外来
乳児健診外来
免疫外来
予防接種外来
電話番号 03-5803-5674
専用ホームページ http://www.tmd.ac.jp/med/ped/index.html

東京医科歯科大学医学部附属病院小児科では、「最高レベルの一般診療と最先端の専門医療」を目指しています。幅広い一般診療を提供すると共に、特に医療の助け、医療の進歩、社会的支援が必要な難病を抱える患者さんに対して、最善の医療を提供し、よりよい医療の開発を目指します。成人に至るまでの大切な成長時期をあずかる診療科として、温かくまた良質な医療を心掛けたいと思っています。

診療科の概要

小児科全般の疾患に対応すると共に、血液・腫瘍・免疫・感染症、アレルギー、循環器、神経、内分泌・代謝、腎臓、膠原病、新生児などの専門領域において先端的な診療に取り組んでいます。お子さんたちを成長・発育の面からも全人的に支援しつつ、成人になってからの生活にも思いを馳せ、お子さんに寄り添った診療を提供しています。

取り扱うおもな疾患

白血病、悪性リンパ腫、再生不良性貧血、出血性疾患、原発性免疫不全症、難治性感染症、肺高血圧症、先天性心疾患、不整脈、性分化疾患、先天性副腎過形成、小児糖尿病、低身長、慢性腎炎、ネフローゼ症候群、急性慢性腎不全、小児膠原病・リウマチ性疾患、てんかん、色素性乾皮症、神経変性疾患、早産児、病的新生児

おもな診断・治療法

原発性免疫不全症、小児血液・腫瘍の診断と先端治療、肺高血圧症の診療と標的薬を用いた治療、先天性心疾患に対する周術期管理、各種内分泌疾患の診断と治療、小児腎疾患の診断と治療、小児リウマチ性疾患の診断と治療、発作時脳波・ビデオ脳波を駆使した最適な抗痙攣薬の選択、早産児管理

高度な先進医療

原発性免疫不全症の遺伝子診断と臍帯血移植、血液腫瘍に対する分子診断と造血細胞移植、高感度網羅的微生物検査、糖尿病に対するインスリンポンプ治療、血液浄化療法、てんかんの24時間モニタリングと脳外科と連携したてんかん外科手術

診療科における研究テーマ

原発性免疫不全症の責任遺伝子解明と治療法開発、DNA 損傷応答を基盤とした腫瘍化の病態解明と治療法開発、再生医療応用を目指した小児難病の解析と基盤技術開発、性分化疾患の分子病態解明、肺高血圧症の病態解明、糸球体硬化症の病態解明と治療法開発、間葉系幹細胞を用いた周産期神経合併症の治療

取り組み

本邦最多の原発性免疫不全症患者の診療にあたっています。血液免疫疾患には3床の無菌室にて造血細胞移植を行っています。膠原病や感染症の先端的診断治療にも力を入れており、毛細血管拡張性小脳失調症には統合的なケアを行っています。先天性副腎過形成や肺高血圧症など難病の診断治療の中心施設となっています。

その他

入院中の子どもたちをサポートするため、チャイルドライフスペシャリストが院内で活動しています。市民や学生によるボランティア活動も多岐に亘り、また盛んに行われており、入院するお子さんや親御さんを支援しています。外来においても育児支援「すくすく」を開設しています。