診療科・センター・部門

材料部

部長のご紹介

手術器材、診療材料の適切な管理で
最善の医療・看護をサポートします

部長 田中 直文 -Naofumi Tanaka-
専門医 日本麻酔科学会認定 麻酔科専門医
専門分野 手術医学、医療管理学、リスクマネージメント
研究領域 手術機器開発、手術室の効率的運用
専用ホームページ http://www.tmd.ac.jp/med/supp/index.html

病院内では様々な手術器材や診療材料が使用されています。これら材料の適切な管理には高度な技術を要しますが、患者さんが安心して医療サービスを受けられる環境作りには必須であり、同時に医師をはじめとする医療従事者がその技量を最大限発揮するためにも欠かすことができません。材料部は医療サービスを支えるこの重要な管理業務を通じて、最良の医療・看護が提供できるように努めています。

部の概要

材料部には滅菌管理部門と物品管理部門があります。滅菌管理部門では手術器材などを洗浄・消毒し、器材の機能性や形状を検査します。そして、器材に適した方法で細菌やウイルス等を死滅させる滅菌処理を行い各部署へ供給しています。
物品管理部門では診療材料を適材適所、安全かつ効率的に運用できるよう供給管理しています。

高度な先進技術

トレーサビリティシステムを構築し、各材料を管理運用しています。
手術器材ではICタグや2次元シンボルを用いて準備履歴と使用履歴を厳密に管理しています。これにより患者さんに使用する個々の器材がどのように準備され使用されたかを詳細に把握することができます。また、器材のリコールの際に迅速な対応が可能であり、 供給する器材の安全性の向上を図っています。
診療材料では院内独自にシールを発行し、どのロット番号の製品がどの患者さんに、いつ使用されたかを記録し、患者さんごとに安全に、適正に診療材料が使用されるように管理しています。

取り組み

滅菌管理業務では様々な評価機器を用いた手術器材の洗浄評価や滅菌評価を実施して、高水準な洗浄の質および滅菌の質を確保するとともに、拡大鏡を用いた器材単体の精密検査を重点的に行い、供給する手術器材の質の向上に努めています。

その他

材料部業務は高度な技術と安全管理・感染対策への高い意識が必要です。当院材料部では滅菌業務ならびに管理運用方法の研究とともに教育や講演を積極的に行い、他病院も含めた医療サービスの 質の向上を図っています。