HOME >診療のご案内 - 泌尿器科の検査について:尿流量測定

最先端の技術で、「安全」「体への負担軽減」を実現する「ミニマム創内視鏡下手術」

泌尿器科の検査について

尿流量測定

尿流量測定装置に向かって排尿することにより、尿の勢い・排尿量・排尿時間などを測定します(写真)。また、この検査の後に残尿を測定することにより、より多くの情報が得られます。

前立腺肥大症や神経因性膀胱などの排尿あるいは蓄尿障害をきたす疾患の診断に用いられます。
この検査は全く侵襲がありませんが、尿がしっかり溜まった状態で検査をしないと正確な情報が得られません。もし、しっかりと尿が溜まっていない場合には検査を中止あるいは延期することも必要です。

(写真)尿流量測定装置 (写真)尿流測定結果

診療のご案内

外来診療のご案内

泌尿器科の疾患と治療

こんな症状があったら?

泌尿器科の検査について

治療のスケジュールと成績

当科の先進的な検査と治療

当科開発の治療と検査

先進的な診療

臓器温存がん治療

共同診療ユニット

業績集/国際・国内学会発表/論文

臨床研修・教室紹介

日本ミニマム創泌尿器内視鏡外科学会

東京医科歯科大学大学院
医歯学総合研究科腎泌尿器科学教室

東京都文京区湯島1-5-45
TEL 03-5803-5680
(泌尿器科外来直通)
(午前6:00~午後4:00)
当院へのアクセス

このページの先頭へ