HOME >診療のご案内 - 泌尿器科の検査について:PET

最先端の技術で、「安全」「体への負担軽減」を実現する「ミニマム創内視鏡下手術」

泌尿器科の検査について

PET

PETとは放射性同位元素で標識されたFDGという物質を投与し、約1時間後にその分布を撮影することにより(撮影にさらに1時間ほどかかります)病気を診断する検査です。増殖の盛んながん細胞では通常の細胞に比べこのFDGの取り込みが増えるので、がんの有無や部位を診断することができます。

診療のご案内

外来診療のご案内

泌尿器科の疾患と治療

こんな症状があったら?

泌尿器科の検査について

治療のスケジュールと成績

当科の先進的な検査と治療

当科開発の治療と検査

先進的な診療

臓器温存がん治療

共同診療ユニット

業績集/国際・国内学会発表/論文

臨床研修・教室紹介

日本ミニマム創泌尿器内視鏡外科学会

東京医科歯科大学大学院
医歯学総合研究科腎泌尿器科学教室

東京都文京区湯島1-5-45
TEL 03-5803-5680
(泌尿器科外来直通)
(午前6:00~午後4:00)
当院へのアクセス

このページの先頭へ