HOME >診療のご案内 - 泌尿器科の検査について:骨シンチグラフィー

最先端の技術で、「安全」「体への負担軽減」を実現する「ミニマム創内視鏡下手術」

泌尿器科の検査について

骨シンチグラフィー

骨シンチグラフィーとは放射性同位元素(RI)を投与して骨を壊す状態あるいは作る状態にある部位を特定する検査です。
泌尿器科領域では前立腺がん、腎臓がん、膀胱がん等の悪性腫瘍の骨転移の有無の検索、拡がりの把握に行われます。
骨スキャン剤を静脈注射して約4時間後に全身の撮影を行います。
転移巣は黒く描かれますが、骨折や骨の炎症あるいは腎臓や膀胱内の尿も同様に黒く描かれます(写真)。


(写真)骨シンチグラフィー(正常像)

診療のご案内

外来診療のご案内

泌尿器科の疾患と治療

こんな症状があったら?

泌尿器科の検査について

治療のスケジュールと成績

当科の先進的な検査と治療

当科開発の治療と検査

先進的な診療

臓器温存がん治療

共同診療ユニット

業績集/国際・国内学会発表/論文

臨床研修・教室紹介

日本ミニマム創泌尿器内視鏡外科学会

東京医科歯科大学大学院
医歯学総合研究科腎泌尿器科学教室

東京都文京区湯島1-5-45
TEL 03-5803-5680
(泌尿器科外来直通)
(午前6:00~午後4:00)
当院へのアクセス

このページの先頭へ