HOME > 診療のご案内 - 泌尿器科の疾患と治療:尿道炎

最先端の技術で、「安全」「体への負担軽減」を実現する「ミニマム創内視鏡下手術」

泌尿器科の疾患と治療

尿道炎

尿道炎では、どのような症状が出ますか?

尿道炎にかかると尿道の痒み、排尿時の痛み、尿道からの膿の流出がみられます。

尿道炎は、主として淋菌によるもの(淋病)とクラミジアによるものとに分けられます。淋菌性の方が強い症状が見られます。クラミジア性尿道炎の症状は、通常軽く、無症状で経過する場合もあります。二つの感染が合併していることもあります。

尿道炎はどうしてなるのですか?

性交渉で感染して起こります。淋菌性尿道炎は性風俗店で、クラミジア性尿道炎は一般女性からうつることが多いという統計もあります。通常、性交渉をもってから症状がでるまでの期間は、淋菌性尿道炎では3~7日、クラミジアでは1~2週間です。

淋菌は口の中に感染しても無症状のことがあり、最近風俗店でのオーラルセックスでの感染者が増えています。

尿道炎にはどんな治療をするのですか?

淋菌性の場合は、抗生物質の注射、クラミジア性の場合は、抗生物質の内服が標準的治療となります。最近は、薬剤が効きにくい淋菌が増えており、特に大都市の歓楽街でその傾向が強いようです。治療を始めてから3~5日ぐらいで症状が軽快しますが、その後も必ず通院することが大切です。

性パートナー(女性側)も病院にいったほうがよいですか?

女性は感染しても無症状のことが多く、気がつかないことも少なくありません。

一方が治っても相手に再度感染させたり、自分が感染するといった「ピンポン感染」を引き起こす心配があります。女性の場合は、腹膜炎や不妊症の原因となる場合もあるので、婦人科の受診が必要です。

文責:山下

診療のご案内

外来診療のご案内

泌尿器科の疾患と治療

こんな症状があったら?

泌尿器科の検査について

治療のスケジュールと成績

当科の先進的な検査と治療

当科開発の治療と検査

先進的な診療

臓器温存がん治療

共同診療ユニット

業績集/国際・国内学会発表/論文

臨床研修・教室紹介

日本ミニマム創泌尿器内視鏡外科学会

東京医科歯科大学大学院
医歯学総合研究科腎泌尿器科学教室

東京都文京区湯島1-5-45
TEL 03-5803-5680
(泌尿器科外来直通)
(午前6:00~午後4:00)
当院へのアクセス

このページの先頭へ