HOME > 診療のご案内 - 泌尿器科の疾患と治療:腎盂腎炎

最先端の技術で、「安全」「体への負担軽減」を実現する「ミニマム創内視鏡下手術」

泌尿器科の疾患と治療

腎盂腎炎

腎盂腎炎とはどんな病気ですか?

腎盂内(腎臓内の尿のたまるところ)で細菌が繁殖し腎臓にまで炎症が及んだものを腎盂腎炎といいます。

どうして腎盂腎炎になるのでしょうか?

尿道の出口から侵入した細菌が尿の通り道をさかのぼり腎盂に達して起こします。稀ですが、血管を通って腎臓に感染することもあります。 細菌は排尿により体外へ排出され、免疫力により退治されるため簡単に腎盂腎炎は起こりません。ところが前立腺肥大症尿管結石といった尿の流れが悪くなる病気や糖尿病のように免疫が低下する病気を合併していたり、尿道カテーテルなど細菌が付着しやすいものが尿の通り道にあったりすると腎盂腎炎を繰り返すことがあります。また腎盂腎炎を繰り返すお子さんには、尿の通り道に生まれつきの異常がある場合もあります。

どのような症状がでるのでしょうか?

背中や腰が痛む・熱がでる(38℃以上に及ぶことが多い)・膀胱炎の症状があるといったものが主な症状です。吐き気がする・寒気を感じる・全身がだるくなるといった症状がでることもあります。子供やお年寄りでは重くなると、脱水による意識障害が見られることもあります。さらに重くなると細菌が腎臓から血流に乗って全身へ広がり、命にまで関わる事もあります。尿の通過障害のある場合には、緊急処置が必要です。

検査は何を行うのでしょうか?

腎盂腎炎が疑われた場合、尿検査・採血・超音波(エコー)検査などを行います。尿検査で尿中の細菌や白血球などを見ます。細菌を培養し種類を判定することは抗生剤選択に重要です。血液検査で炎症や腎機能障害の程度を調べます。エコーで尿の通過障害の有無を検査します。
腎盂腎炎を繰り返したり、治りにくい場合には原因となる病気があるか検査します。

どのような治療をするのでしょうか?

抗生剤が治療の中心です。症状や原因によって治療は異なっていきます。

症状が軽い場合には7-10日間程度の抗生剤の内服を行い、水分を十分にとり、ご自宅で安静にすごされれば症状は軽快します。

症状が重い場合には入院して抗生剤と水分補給の点滴を行います。3-5日ほどの治療で解熱し、検査で改善がみとめられれば軽症の場合に準じた治療を行います。

腎盂腎炎をおこしやすくする原因があれば、それぞれに対応した治療を行います。特に尿の通過障害がある場合には、緊急に通過の改善を行います。放置すると、命にかかわる可能性もあります。

文責:高橋

診療のご案内

外来診療のご案内

泌尿器科の疾患と治療

こんな症状があったら?

泌尿器科の検査について

治療のスケジュールと成績

当科の先進的な検査と治療

当科開発の治療と検査

先進的な診療

臓器温存がん治療

共同診療ユニット

業績集/国際・国内学会発表/論文

臨床研修・教室紹介

日本ミニマム創泌尿器内視鏡外科学会

東京医科歯科大学大学院
医歯学総合研究科腎泌尿器科学教室

東京都文京区湯島1-5-45
TEL 03-5803-5680
(泌尿器科外来直通)
(午前6:00~午後4:00)
当院へのアクセス

このページの先頭へ