HOME > 診療のご案内 - 泌尿器科の疾患と治療:前立腺炎

最先端の技術で、「安全」「体への負担軽減」を実現する「ミニマム創内視鏡下手術」

泌尿器科の疾患と治療

前立腺炎

前立腺炎はどのような病気ですか?

急性の前立腺炎は、尿中の細菌が前立腺に感染を起こしたものです。慢性前立腺炎とは、症状や経過が大きく異なります。

どのような症状がありますか?

急性前立腺炎では、 高い熱と排尿の症状(排尿時痛, 頻尿, 排尿困難)が起こります。比較的強い症状が現れます。慢性前立腺炎は、慢性的な排尿痛や陰部の不快感が主な症状です。 細菌感染によるものもありますが、原因のはっきりしないこともあります。骨盤内のうっ血が影響していることもあるようです。

また、前立腺炎は精巣上体炎(精巣の付属器の感染症)を併発することや、 膀胱結石(膀胱内にできた結石)の影響で発症することもあります。

どのような検査を行いますか?

まず、尿検査直腸診(肛門から指を入れて前立腺を診察します)を行い、炎症状態を調べます。超音波検査や血液検査も必要な場合があります。まずは泌尿器科で診察をお受けください。

どのような治療が必要ですか?

急性前立腺炎の場合、抗生剤の内服あるいは点滴で治療します。重篤な全身感染症になることもありますので、炎症が強い場合は入院が必要となることがあります。尿閉となった場合、カテーテルを留置することもあります。一方、慢性前立腺炎は抗生剤、漢方薬などの内服治療が中心となりますが、難治性、反復性のこともあります。ストレスの少ない規則正しい生活、適度な運動も症状緩和や再発予防に有効です。前立腺肥大症に準じた治療が有効なこともあります。

前立腺がんや前立腺肥大症と関係はありますか?

前立腺がん前立腺肥大症に前立腺炎が併発することもありますので、 排尿状態に変化を感じられた際は診察を受けられたほうが良いでしょう。近年普及してきた前立腺がんの血液検査(PSA:前立腺特異抗原)は、前立腺がんのみならず前立腺炎でも上昇します。異常値を指摘された場合は泌尿器科で精査をお受けください。

文責:松岡

診療のご案内

外来診療のご案内

泌尿器科の疾患と治療

こんな症状があったら?

泌尿器科の検査について

治療のスケジュールと成績

当科の先進的な検査と治療

当科開発の治療と検査

先進的な診療

臓器温存がん治療

共同診療ユニット

業績集/国際・国内学会発表/論文

臨床研修・教室紹介

日本ミニマム創泌尿器内視鏡外科学会

東京医科歯科大学大学院
医歯学総合研究科腎泌尿器科学教室

東京都文京区湯島1-5-45
TEL 03-5803-5680
(泌尿器科外来直通)
(午前6:00~午後4:00)
当院へのアクセス

このページの先頭へ