HOME > 診療のご案内 - 泌尿器科の疾患と治療:転移性前立腺がんの治療

最先端の技術で、「安全」「体への負担軽減」を実現する「ミニマム創内視鏡下手術」

泌尿器科の疾患と治療

転移性前立腺がんの治療

前立腺がんが骨に転移していると診断されました。どのような治療がありますか?

男性ホルモンを下げる、あるいはその作用をブロックする内分泌治療(ホルモン治療とも言います)が治療の中心になります。前立腺は、男性にしかない臓器で、前立腺の細胞は正常でもがんになっても男性ホルモンに大きく依存していることがわかっています。したがって、男性ホルモンの作用をなくせば、前立腺がんの細胞が死んだり弱ったりします。内分泌治療は、90%以上の患者さんに効果があります。

骨転移による痛みや神経圧迫症状が強い場合には、放射線治療を施行することがあります。放射線治療には外照射治療と、ストロンチウムという注射薬による治療があります。骨転移の進行を防ぐ、ビスホスホネート製剤を使用することがあります。

内分泌治療の具体的な方法を教えてください。

男性ホルモンがつくられるのを防ぐ方法と、男性ホルモンが作用するのをブロックする方法があり、これらを組み合わせて行う場合もあります。ほとんどの男性ホルモンは、精巣(睾丸)でつくられるため、手術で精巣を摘出(外科的去勢術と言います)すれば男性ホルモンが低下し、前立腺がんの内分泌治療として行われています。(→ 前立腺がんに対する形態温存除睾についてはこちら

またGnRHa(LH-RHaとも言います)という注射を1ヶ月あるいは3ヶ月おきに注射し、精巣で男性ホルモンがつくられるのを防ぐ方法があります。外科的去勢術とGnRHaの効果は全く同じですが、米国や日本などでは前者に対する心理的抵抗感などからGnRHaの注射を選択される方が多いです。

 男性ホルモンの作用をブロックする方法としては、飲み薬(抗男性ホルモン剤)が数種類あります。

内分泌治療の副作用はないのでしょうか?

顔がかーと熱くなったり、汗をかいたり、動悸がしたりするといった女性の更年期障害のような症状が数秒間続くことがあり、これは「ホットフラッシュ」と言われています。また、性欲減退や勃起障害も高い確率でみられます。長期に行うと、骨粗鬆症を起こしやすくなります。これらの副作用は多くは予防法があります。また内分泌治療の方法によっては、これらの副作用がでにくいものもありますので、主治医とご相談ください。

内分泌治療で、前立腺がんは治りますか?

残念ながら、内分泌治療の効果は永続的ではなく、だいたい数年後から徐々に治療が効かなくなってきます。内分泌治療の効かなくなった前立腺がんを再燃前立腺がん(あるいはホルモン不応性前立腺がん)と言います。ただし、内分泌治療の効果の続く時間は個人差が大きく、骨に転移のある前立腺がんの方で、内分泌治療だけで10年以上コントロールされる場合もあります。

文責:影山・小林・藤井・木島

診療のご案内

外来診療のご案内

泌尿器科の疾患と治療

こんな症状があったら?

泌尿器科の検査について

治療のスケジュールと成績

当科の先進的な検査と治療

当科開発の治療と検査

先進的な診療

臓器温存がん治療

共同診療ユニット

業績集/国際・国内学会発表/論文

臨床研修・教室紹介

日本ミニマム創泌尿器内視鏡外科学会

東京医科歯科大学大学院
医歯学総合研究科腎泌尿器科学教室

東京都文京区湯島1-5-45
TEL 03-5803-5680
(泌尿器科外来直通)
(午前6:00~午後4:00)
当院へのアクセス

このページの先頭へ