HOME > 診療のご案内 - 泌尿器科の疾患と治療:限局性前立腺がんの治療

最先端の技術で、「安全」「体への負担軽減」を実現する「ミニマム創内視鏡下手術」

泌尿器科の疾患と治療

限局性前立腺がんの治療

先日前立腺生検を受け、早期の前立腺癌がみつかったと担当の医師から説明がありました。次の診察で今後のことについて相談することになっています。どのような治療があるのか教えてください。

癌が前立腺の中にとどまっているのであれば、前立腺を摘出する手術(前立腺全摘術)か放射線治療が行われる場合が多いと思います。放射線治療には体の外から放射線をあてるもの(外照射)と前立腺の中に放射線を出す小さな金属の粒を埋め込む方法(小線源治療ないしブラキセラピーと呼ばれています)があります。癌がみつかっても条件が良い場合は治療をしないで様子をみることもあります。

がんがあるのに治療しないで良いのですか?

癌が小さい、癌細胞の顔つきが良いなどのいくつかの条件を満たす場合は治療をしなくても命に関わるようなことがほとんどないと考えられています。最近は前立腺特異抗原(PSA)の測定によりごく早い段階でみつかる前立腺がんが増えており、「治療をしない」方針を選ばれる方もあります。ただし癌が進行していないかどうか確認するため血液検査や場合によってはMRIを繰り返す必要があります。

手術と放射線とどちらが優れているのですか?

手術と放射線の効果を直接比較した資料はありませんが、限局性前立腺癌ではほとんど差がないと考えられています。しかしながら手術後に再発した方に対して、放射線治療が有効な場合がありますが、放射線治療後の再発に、前立腺全摘を行うことは原則としてできません。

前立腺癌にはホルモン治療が良く効くと聞いたのですが手術や放射線の変わりになりますか。

前立腺がんは男性ホルモンがあると元気になります。この男性ホルモンを抑える方法(内分泌治療あるいはホルモン療法)は前立腺がんの有効な治療のひとつですが、有効期間が限られている面があります。「がんを治す」という意味では手術や放射線の変わりにはなりにくいと思われます。ただし手術や放射線とうまく組み合わせることで治療効果をより良いものにすることが可能な場合があります。

手術はどのように行われるか具体的に教えてください。

一般的には臍の下を縦に切開して前立腺全体を摘出し、その前後にある膀胱と尿道をつなぎなおします(恥骨後式前立腺全摘術)。前立腺のすぐ脇には勃起に大事な神経がありますが、前立腺がんの状況によってはこれも切除します。また、がんの広がりを確認するため前立腺近くのリンパ節を一部とることもあります。

手術を受けると尿が漏れるようになると聞いていますが。

前立腺を摘出すると尿道括約筋が影響を受けて尿がこらえられずに漏れてしまう「尿失禁」という状態になります。ほとんどの場合3~6ヶ月程度で日常生活に困らない程度(パッド0~1枚)に回復します。最近では技術の向上により尿失禁の程度は軽減しており、手術直後からほとんど漏れない方も増えています。

手術後勃起はどうなりますか?

前立腺がんの状況によっては前立腺といっしょに勃起に関係する神経を切除することがあり、その場合はほとんどの方が勃起しなくなります。がんの性質が悪くなければ神経を残すことも可能ですので担当医師と相談されると良いと思います。

ミニマム創内視鏡下手術は前立腺がんでも可能なのですか。

ミニマム創内視鏡下手術は必用最小限の創から全ての操作を行うものでもちろん前立腺がんでも行っています。5cm程度の傷で手術を済ませることが可能です。手術後の痛みが軽く、回復が早いのが特徴です。保険適応です

ミニマム創内視鏡下手術で前立腺がんを治療した場合退院までどのくらいかかりますか。

ミニマム創内視鏡下手術は術後の回復が早いのが特徴で、手術後数日で退院することも可能です。しかし手術後は1週間程度管を尿道にいれておきますので、現実的にはこれが抜けてから数日様子をみて退院される方がほとんどです。

放射線を外から当てる場合どのようなスケジュールになりますか?

放射線は一度にたくさん当てることはできません。毎日少しずつ治療して2ヶ月弱で終了します。通院でも可能ですが、治療中に食欲が落ちたり、下痢したりすることが稀にあり、念のため入院で行う場合もあります。 2011年1月現在、当院では放射線治療器械の機種入れ替え、更新のため、放射線の外照射療法を行うことができません。

放射線による害はないのですか。

放射線は前立腺の周囲にある直腸や膀胱にも少なからず影響します。下痢したり、尿が近くなったりすることもありますが重症になることは稀です。

放射線治療なら尿が漏れたり、勃起がなくなったりすることが少ないと聞きましたが。

放射線の場合は手術のような大きな負担はありませんが、神経や膀胱なども影響を受けることがあり、治療後に勃起しにくくなったり、尿が漏れるようになったりすることもあります。治療後の排尿や勃起に関する問題は放射線治療でも少なくはないと考えられています。

放射線を埋め込む方法(小線源療法)とはどんな治療法ですか。

前立腺の中に放射線を出す小さな金属を、股の間から細い針を通していくつも挿入して、前立腺がんを根治することを目的とします。転移のない早期の前立腺がんの方が治療の対象になります。ただし、検査の結果で前立腺が大きい方など病状によってはかならずしも受けられませんので、あらかじめ担当医にご相談ください。効果としては、おとなしいタイプの前立腺がんと診断された方の場合、前立腺がんの治療で最も有効とみられている前立腺摘出手術に匹敵するとされています。副作用は手術に比べて少ないとされていますが、治療後かなり時間が経過してから勃起障害・尿もれなどがおきることもあります。また治療直後には何度もおしっこに行きたくなることが多く、内服薬が必要になることもあります。また、一時的におしっこが出せなくなることもあります。だいたい3~4泊の入院が必要です。この他、術前後に外来通院が必要です。治療の最中は脊髄麻酔と静脈麻酔をしますのでほとんど痛みは感じません。麻酔が覚めると若干の痛みはありますが、ほとんどの方が追加の痛み止めを必要としません。

→ ミニマム創内視鏡下前立腺全摘除術の入院時の流れはこちら

文責:影山・小林・藤井・沼尾

診療のご案内

外来診療のご案内

泌尿器科の疾患と治療

こんな症状があったら?

泌尿器科の検査について

治療のスケジュールと成績

当科の先進的な検査と治療

当科開発の治療と検査

先進的な診療

臓器温存がん治療

共同診療ユニット

業績集/国際・国内学会発表/論文

臨床研修・教室紹介

日本ミニマム創泌尿器内視鏡外科学会

東京医科歯科大学大学院
医歯学総合研究科腎泌尿器科学教室

東京都文京区湯島1-5-45
TEL 03-5803-5680
(泌尿器科外来直通)
(午前6:00~午後4:00)
当院へのアクセス

このページの先頭へ