HOME > 診療のご案内 - 泌尿器科の疾患と治療:間質性膀胱炎

最先端の技術で、「安全」「体への負担軽減」を実現する「ミニマム創内視鏡下手術」

泌尿器科の疾患と治療

間質性膀胱炎

間質性膀胱炎とは何ですか?

頻尿(昼夜を問わず尿の回数が多い)、尿意切迫感(急に尿意が起こり我慢できない感じ)、膀胱の痛みを主な症状とする病気です。尿がたまったときの強い痛みが特徴です。通常の膀胱炎は細菌による尿路の感染が原因で、たいていは抗生物質で治ります。しかし、間質性膀胱炎は細菌によって起こるものではなく、尿自体はきれいで、抗生物質は効きません。

何が原因で起こるのですか?

いくつもの説がありますが、決定的なものはまだわかっていません。
膀胱の粘膜に異常が起こり、炎症が深部に波及するためという説などがあります。

症状をもう少し詳しく教えてください。

昼夜を問わない頻尿、膀胱のあたりの痛みなど通常の膀胱炎に症状が似ていますが、細菌感染が見られません。疼痛は尿がたまってくると強くなり、排尿をすると軽くなるのが典型的です。しかし、早めにトイレに行くことで痛みを避けていることもありますので、必ずしも痛みがあるとは限りません。痛みはある種の食べ物をとると強くなったりすることがあります。病気が進行した例では、膀胱は萎縮して、小さく硬くなってしまいます。

どのような検査をするのですか?

間質性膀胱炎が疑われる場合、麻酔下で膀胱鏡検査をし、広範な点状出血か、ハンナー潰瘍とよばれるベルベット状の地割れのようなものを確認します。

膀胱がんでも間質性膀胱炎に似た症状をおこすので、尿細胞診(尿の中にがん細胞が入っていないかみる検査)を行うことが重要です。

どのように治療しますか?

通常いくつかの方法を組み合わせて行います。完全に治癒することを目指すのではなく、症状の緩和、消失を目標にします。

  1. 水圧拡張
    萎縮した膀胱を水圧で拡張する方法です。麻酔をして行います。治療の中心であり、診断にも有用です。治療効果が長続きせず、再び水圧拡張を必要とすることもあります。
  2. 薬物療法
    現在日本で入手できる薬剤のなかでは、抗うつ薬(特に塩酸イミプラミンが痛みの緩和に有効)、抗ヒスタミン剤などが使われています。また、抗アレルギー剤の一種であるトシル酸スプラタストが有効ではと期待が持たれています。
  3. 膀胱内注入療法(膀胱の中に薬剤をいれること)
    抗凝固剤であるヘパリンや局所麻酔薬である塩酸リドカインを膀胱内に注入することがあります。ただし膀胱内注入療法単独の治療効果はそれほど大きいものではなく、また持続期間もそれほど長くありません。通常は水圧拡張の効果を持続させるための補助的な治療として、1-4週間くらいの間隔で外来で定期的に行います。
  4. 膀胱拡大術、膀胱摘出術
    他の治療法ではなかなか効果が上がらず、症状が強い方に対して、腸管を用いて膀胱を大きくしたり、あるいは膀胱そのものを摘出したりする場合もあります。しかし、術後も痛みが続いたとの報告もあり、手術には、慎重な検討が必要です。
  5. 膀胱訓練
    自分でできる水圧拡張です。かなり有効であるといわれています。トイレに行きたいと思ったらほんの少し我慢してみて排尿の間隔をのばしていきます。排尿日誌をつけながらおこなうと効果的です。

食事などで気をつけた方がいいことはありますか?

一時、間質性膀胱炎に対し厳しい食事制限が行われたこともありますが、現在は自分自身の症状を悪化させる食べ物を避ければよいとされています。

一般的に、熟成チーズ(チェダーチーズなど)、赤ワイン、大豆など神経伝達物質を含むもの、柑橘類や炭酸飲料など酸性が強いもの、わさびや唐辛子、こしょうなどの香辛料、コーヒーなどカフェインの多く含まれているものを食べた後に痛みが強くなることが多いようです。

しかし、食事の影響は個人差がかなり大きいので、もっとも大事なのは、注意して食べてみて、振り返ってみる事で自分にあった食べ物を見つけていくことです。食べた後に痛みが増強する場合には、尿を希釈するために十分な水をとるといいともいわれています。

また、ストレスは症状を悪化させる原因にもなりますので、規則正しい生活、軽い運動などリラックスできる環境を整えてください。

文責:浅野・横山

診療のご案内

外来診療のご案内

泌尿器科の疾患と治療

こんな症状があったら?

泌尿器科の検査について

治療のスケジュールと成績

当科の先進的な検査と治療

当科開発の治療と検査

先進的な診療

臓器温存がん治療

共同診療ユニット

業績集/国際・国内学会発表/論文

臨床研修・教室紹介

日本ミニマム創泌尿器内視鏡外科学会

東京医科歯科大学大学院
医歯学総合研究科腎泌尿器科学教室

東京都文京区湯島1-5-45
TEL 03-5803-5680
(泌尿器科外来直通)
(午前6:00~午後4:00)
当院へのアクセス

このページの先頭へ