HOME > 診療のご案内 - 泌尿器科の疾患と治療:前立腺肥大症

最先端の技術で、「安全」「体への負担軽減」を実現する「ミニマム創内視鏡下手術」

泌尿器科の疾患と治療

前立腺肥大症

どのような病気ですか。

男性では尿道の奥の部分は前立腺に囲まれています。前立腺は精液の一部を作ります。通常は栗の実ほどの大きさですが年齢が高くなると前立腺が大きくなり、中を通っている尿道を押しつぶしたりして尿の出が悪くなります。これが前立腺肥大症です。

最近尿のきれが悪いのですが前立腺肥大症でしょうか。

前立腺肥大症では排尿がだらだらと長引いてなかなか終わらないことが良くみられ「尿の切れが悪い」と表現されることが多いようです。一方、年齢が進むにつれて尿道の緊張が弱くなり、排尿が終わっても尿道がぴたっとしまらなくなることがあります。男性では尿道が長いため中にかなりのスペースがあり、ここに尿が残ってしまうことがあります。このような場合、排尿後に座ったり、ズボンを上げたりした時に尿がじわっと染み出ることがあります。これも「尿のきれが悪い」と表現されることがありますが、前立腺肥大がなくても起こります。

夜トイレに行く回数が増えましたが前立腺肥大症のためでしょうか?

夜、床についてから排尿のため何度もトイレに行くようになるのも前立腺肥大症の症状の一つです。しかし夜間の排尿回数が増えたから必ず前立腺肥大症というわけではありません。年齢が進むと眠りが浅くなり、このため排尿回数が増えることがあります。また床につく前に水分を取りすぎるとやはり寝てからの排尿回数が増えます。食事や水分をとった時間とおおよその水分量、排尿した時間とおおよその排尿量を日記としてつけてみると参考になると思います。なお心臓病や高血圧などで利尿剤を使われている場合は、その影響で尿が近くなることがあります。医療機関でご相談される際は使っているお薬を一緒に持っていかれると良いと思います。

国際前立腺症状スコア(IPSS)ってなんですか。

前立腺に関係する症状(尿の勢い、排尿回数、尿が残った感じなど)を点数化して重症度、治療中の症状の変化をみるための質問表です。一般に7点以下が軽症、20点以上が重症とされています。もともとは欧米で作られたもので、日本語訳したものが使われています。

最近の排尿について な し 5回に
1回未満
2回に
1回未満
2回に
1回位
2回に
1回以上
ほとんど
いつも
スコア
1 排尿後、尿がまだ残っている感じがありましたか? 0 1 2 3 4 5
2 排尿後2時間以内に、またトイレに行きたくなった事がありましたか? 0 1 2 3 4 5
3 排尿の途中で尿が途切れる事がありますか? 0 1 2 3 4 5
4 排尿を我慢するのが辛い事がありましたか? 0 1 2 3 4 5
5 尿の勢いが弱いことがありましたか? 0 1 2 3 4 5
6 排尿開始時にいきむ必要がありましたか? 0 1 2 3 4 5
7 夜寝てから朝起きるまで、何回トイレに行きましたか? 0回
0
1回
1
2回
2
3回
3
4回
4
5回以上
5

【 合計点と評価 】
◆7点以下:軽度症状 ◆8~19点:中等度症状 ◆20点以上:重度症状

どのような検査が行われますか。

前立腺肥大症が疑われる場合は肛門から指を入れて前立腺の状況をみる「直腸診」が行われます。「尿流量測定検査(ウロフロメトリー)」はトイレと同じような構造の専用の測定装置で排尿の勢いを測る検査です。「腹部超音波検査」は体の外から前立腺の形、大きさを見る検査で、痛みもなく負担の少ない検査です。また前立腺癌の心配がないかどうかを見るため「前立腺特異抗原(PSA)」という血液検査を行います。これらの一般的な検査のほかに皆さんの状況に応じて特殊な検査を行うこともあります。

前立腺肥大症は前立腺がんになりますか。

前立腺肥大症と前立腺がんは別の病気であり、前立腺肥大症が前立腺癌になることはありません。ただし前立腺肥大症と前立腺癌が一緒にみられることがありますので「前立腺特異抗原(PSA)」という血液検査を受けて前立腺がんの心配がないかどうかを確認しておくと安心です。

どのような治療がありますか。

前立腺がそれほど大きくなく、症状も軽い場合はそのまま経過を見るか、お薬を飲んでいただくことになります。前立腺がさらに大きくなってくると尿を全部出せないで一部が膀胱に残ってしまったり(残尿)、ひどい場合は尿をしたいのに自分では出せなくなったりする(尿閉)こともあります。このような場合は手術が必要と考えられます。尿道に内視鏡を入れて前立腺を細かく削り取る「経尿道的前立腺摘除術=TUR-P」(→入院時の流れはこちら)、お腹を切って大きくなった前立腺を取り出す「被膜下前立腺摘除術」などがあります。高齢の方や持病で手術が難しい場合は尿道内に金属の筒(ステント)をいれる方法もあります。最近では「高温度治療」、HIFU(高エネルギー超音波治療)など比較的負担が少ない新しい治療法も行われていますが効果についてはまだ十分に検討されていません。

お薬はどのようなものがありますか。

現在最も一般的に使われているのは自律神経の機能の一部を抑えて排尿状態を改善する薬です。ハルナール、フリバス、アビショット、エブランチル、ユリーフなどの名前で呼ばれている薬です。これらはわずかですが血圧を下げる作用がありますので飲んだ後にたちくらみやふらつきなどが現れることがあります。また症状は良くなりますが前立腺肥大症が治るわけではなく、飲むのをやめてしまうとまた症状が悪化してくるのが普通です。

前立腺は男性ホルモンがあると大きくなりやすいので男性ホルモンを抑える薬が使われることもあります。プロスタールなどがあります。症状の改善まで時間がかる、前立腺がんがみつけにくくなる、勃起しにくくなるなどの問題点があります。また肝臓など全身への影響が少なくないので長期間の使用は避けたほうが良いとされています。2009年より本邦でも使用可能となったアボルブという薬剤も使用されてきています。ジヒドロテストステロンを抑制することで前立腺を縮小させる作用があり、副作用も少なく使うことができます。

この他エビプロスタット、セルニルトン、また漢方薬では八味地黄丸、猪苓湯などがそれぞれの方の状況に合わせて使われます。

手術はどのように行われますか。

多くは内視鏡を使って尿道の内側から前立腺を削り取る「経尿道的前立腺切除術(TUR-P)」(→入院時の流れはこちら)で対応できます。ペニスの先の尿道口から内視鏡を挿入しますので体に傷がつくこともなく手術後の制限もあまりありません。手術後5日間前後は尿道内に管をいれたままの状態になります。またしばらく血尿が続きますが時間とともに消えていきます。

前立腺が大きい場合は下腹を切って前立腺の肥大症の部分を取り出す「被膜下前立腺摘出術」が行われることがあります。10cm前後の傷が残りますが手術後の症状の改善は良好です。手術後1~2週間は尿道内に管をいれたままの状態になります。しばらく血尿が続くのはTUR-Pと同様です。

手術後はどうなりますか。

手術後尿の勢いは良くなりますが尿が近い症状については必ずしも良くならないことがあります。また内視鏡を使う手術(TUR-P)でもお腹を切る手術(被膜下摘出術)でも手術後は射精時に精液が出てこなくなります。精液自体は作られるのですが膀胱の方向に流れてしまうためです。尿に混じった精液は排尿時に尿と一緒に出てきます。

風邪薬を飲んだら尿の出が悪くなったのですが。

風邪薬の成分のなかに膀胱の機能を低下させるものがあります。普通の人が飲んでも問題はないのですが、前立腺肥大症があると風邪薬を飲んだあとで尿の出が悪くなり、ひどい場合はいきばっても尿が出せなくなることもあります。

他に注意しなければいけない薬があれば教えてください。

不整脈に使う薬、抗うつ剤、精神安定剤、睡眠薬、腸の検査の前投薬、頻尿改善薬などの中には尿を出にくくするものがあります。医療機関を受診されるときは前立腺肥大症があることをあらかじめ担当医師につたえておくと良いでしょう。

お酒は飲んでも大丈夫ですか。

前立腺肥大症が高度の場合はお酒を飲んだあとに症状が悪化し、ひどい場合は尿を出したくても自分では出せない状態(尿閉と呼ばれます)になることがあります。前立腺肥大症が軽度で適量であればあまり神経質になる必要はありませんが、できれば飲酒はひかえめが無難と思われます。

文責:影山・砂倉

診療のご案内

外来診療のご案内

泌尿器科の疾患と治療

こんな症状があったら?

泌尿器科の検査について

治療のスケジュールと成績

当科の先進的な検査と治療

当科開発の治療と検査

先進的な診療

臓器温存がん治療

共同診療ユニット

業績集/国際・国内学会発表/論文

臨床研修・教室紹介

日本ミニマム創泌尿器内視鏡外科学会

東京医科歯科大学大学院
医歯学総合研究科腎泌尿器科学教室

東京都文京区湯島1-5-45
TEL 03-5803-5680
(泌尿器科外来直通)
(午前6:00~午後4:00)
当院へのアクセス

このページの先頭へ