HOME > 診療のご案内 - 当科開発の治療と検査 : 根治的膀胱温存療法(膀胱がん)

最先端の技術で、「安全」「体への負担軽減」を実現する「ミニマム創内視鏡下手術」

当科開発の治療と検査

根治的膀胱温存療法(膀胱がん)

浸潤性膀胱癌に対する新しい膀胱温存療法:低用量化学放射線療法+ミニマム創内視鏡下膀胱部分切除

浸潤性膀胱癌に対する標準的根治治療は膀胱全摘除です.一方で,浸潤性膀胱癌の患者さんの一部は,膀胱を取らずに完治可能であることも知られています。

膀胱全摘除の場合は,尿路変向術(回腸導管造設術,自排尿型新膀胱造設術など)が必要となります.尿路変向術は腸管の一部を利用して行うため,術後腸閉塞などの合併症も少なくありません.また,尿路変向術後の患者さんの多くは,生涯にわたり,排尿管理のための装具・器具を必要とします.例えば,回腸導管造設術の場合は集尿袋などの装具が必要であり,新膀胱造設術の場合は自己導尿器具を必要とする患者さんも少なくありません.これらの装具・器具は何れも使い捨てであり,特に長寿高齢化が進む本邦では,生涯にわたってかかるコストも無視できません.このように,膀胱全摘除による根治的治療の代償として払うストレスとコストは小さくありません.私達は,浸潤性膀胱癌の患者さんのうち膀胱をとらずとも完治が可能であると判断される患者さんに対して,生来の機能的膀胱を温存する治療が最良であろうと考えています.

このような背景の下,当科では,根治性を損なわずに膀胱温存が可能と判断される,転移のない浸潤性膀胱癌の患者さんに対しては,膀胱全摘除を行う前に,低侵襲な集学的治療(低用量化学放射線療法+ミニマム創内視鏡下膀胱部分切除および骨盤リンパ節郭清)による膀胱温存療法を行っています.現在ミニマム創内視鏡下膀胱部分切除は,3D 内視鏡+ヘッドマウントモニターシステムを取り入れた「ロボサージャン」手術にて行っています.

低侵襲・根治的膀胱温存療法の対象となる患者さんは、

  1. 浸潤癌であること。
  2. 浸潤癌の範囲が膀胱内で広範でないこと。
  3. 転移がないこと。

です。さらに、低用量化学放射線療法が有効であった患者さんのみが本治療の対象となります。

具体的な治療の流れを右図に示します.

浸潤性膀胱癌の患者さんが膀胱を温存した場合,膀胱に浸潤癌が再発する危険性があります.当科では,温存膀胱の浸潤癌再発のチェックを厳重に行っています.

2012年9月現在,当科では約70人の患者さんにこの新しい,低侵襲・根治的膀胱温存療法を行っております.5年癌特異的生存率は97%,5年浸潤癌非再発生存率は100%と良好な治療成績を得ており,国際的にも高い評価を得ています.

文献

当教室の業績

  1. Selective bladder-sparing protocol consisting of induction low-dose chemoradiotherapy plus partial cystectomy with pelvic lymph node dissection against muscle-invasive bladder cancer: Oncological outcomes of the initial 46 cases. Koga F, Kihara K, Yoshida S, Yokoyama M, Saito K, Masuda H, Fujii Y, Kawakami S. BJU Int. 2012 Sep;110(6 Pt B):E203-8.
  2. Selective Bladder Preservation with Curative Intent for Muscle-Invasive Bladder Cancer: A Contemporary Review. Koga F, Kihara K. Int J Urol. 2012; 19: 388-401.
  3. Sensitivity to chemoradiation predicts development of metastasis in muscle-invasive bladder cancer patients. Koga F, Numao N, Saito K, Masuda H, Fujii Y, Kawakami S, Kihara K. Urol Oncol (in press).
  4. Role of diffusion-weighted magnetic resonance imaging in predicting sensitivity to chemoradiotherapy in muscle-invasive bladder cancer. Yoshida S, Koga F, Kobayashi S, Ishii C, Tanaka H, Tanaka H, Komai Y, Saito K, Masuda H, Fujii Y, Kawakami S, Kihara K. Int J Radiat Oncol Biol Phys. 2012; 83: e21-27.
  5. Pathology-based risk stratification of muscle-invasive bladder cancer patients undergoing cystectomy for persistent disease after induction chemoradiotherapy in bladder-sparing approaches. Koga F, Fujii Y, Masuda H, Numao N, Yokoyama M, Ishioka J, Saito K, Kawakami S, Kihara K. BJU Int. 2012; 110: E203-208.
  6. Low-dose Hsp 90 inhibitors tumor-selectively sensitize bladder cancer cells to chemoradiotherapy. Yoshida S, Koga F, Tatokoro M, Kawakami S, Fujii Y, Kumagai J, Neckers L, Kihara K. Cell Cycle. 2011; 10: 4291-4299.
  7. ErbB2 and NFκB overexpression as predictors of chemoradiation resistance and putative targets to overcome resistance in muscle-invasive bladder cancer. Koga F, Yoshida S, Tatokoro M, Kawakami S, Fujii Y, Kumagai J, Neckers L, Kihara K. PLoS one. 2011; 6: e27616.
  8. Perioperative complications of radical cystectomy after induction chemoradiotherapy in bladder-sparing protocol against muscle-invasive bladder cancer: a single institutional retrospective comparative study with primary radical cystectomy. Iwai A, Koga F, Fujii Y, Masuda H, Saito K, Numao N, Sakura M, Kawakami S, Kihara K. Jpn J Clin Oncol. 2011; 41: 1373-1379.
  9. Initial Experience of Diffusion-weighted Magnetic Resonance Imaging to Assess Therapeutic Response to Induction Chemoradiotherapy against Muscle-invasive Bladder Cancer. Yoshida S, Koga F, Kawakami S, Ishii C, Numao N, Sakai Y, Saito K, Masuda H, Fujii Y, Kihara K. Urology. 2010 Feb;75(2):387-91.
  10. Author Reply Re: Initial Experience of Diffusion-weighted Magnetic Resonance Imaging to Assess Therapeutic Response to Induction Chemoradiotherapy against Muscle-invasive Bladder Cancer. Koga F, Yoshida S, Kihara K. Urology. 2010 Feb;75(2):392.
  11. Favourable outcomes of patients with clinical stage T3N0M0 bladder cancer treated with induction low-dose chemo-radiotherapy plus partial or radical cystectomy vs immediate radical cystectomy: a single-institutional retrospective comparative study. Koga F, Kihara K, Fujii Y, Yoshida S, Saito K, Masuda H, Kageyama Y, Kawakami S. BJU Int. 2009 Jul; 104(2):189-94
  12. Low-dose chemoradiotherapy followed by partial or radical cystectomy against muscle-invasive bladder cancer: an intent-to-treat survival analysis. Koga F, Yoshida S, Kawakami S, Kageyama Y, Yokoyama M, Saito K, Fujii Y, Kobayashi T, Kihara K. Urology. 2008 Aug;72(2):384-8.
  13. C-reactive protein level predicts prognosis in patients with muscle-invasive bladder cancer treated with chemoradiotherapy. Yoshida S, Saito K, Koga F, Yokoyama M, Kageyama Y, Masuda H, Kobayashi T, Kawakami S, Kihara K. BJU Int. 2008 Apr;101(8):978-81.
  14. HSP60 may predict good pathological response to neoadjuvant chemoradiotherapy in bladder cancer. Urushibara M, Kageyama Y, Akashi T, Otsuka Y, Takizawa T, Koike M, Kihara K. Jpn J Clin Oncol. 2007 Jan;37(1):56-61.
  15. Favorable outcome of preoperative low dose chemoradiotherapy against muscle-invasive bladder cancer. Kageyama Y, Yokoyama M, Sakai Y, Saito K, Koga F, Yano M, Arai G, Hyochi N, Masuda H, Fujii Y, Kawakami S, Kobayashi T, Kihara K. Am J Clin Oncol. 2003 Oct;26(5):504-7.
  16. Preoperative concurrent chemoradiotherapy against muscle-invasive bladder cancer: results of partial cystectomy in elderly or high-risk patients. Kageyama Y, Okada Y, Arai G, Hyochi N, Suzuki M, Masuda H, Hayashi T, Kawakami S, Okuno T, Ishizaka K, Kihara K. Jpn J Clin Oncol. 2000 Dec;30(12):553-6.

膀胱がんとは

以下、膀胱癌について説明いたします。
膀胱がんは、表在性乳頭状がん、上皮内がんと浸潤がんに大別され、それぞれ治療法が異なります。

浸潤性膀胱がんは、リンパ節や他臓器転移により患者さんの生命を脅かす危険性の高い病気です。画像診断で転移の所見がない場合、根治的治療として膀胱全摘除が一般的に行われています。当科では、転移のない浸潤性膀胱がんに対して、膀胱温存の可能性を視野に入れた低侵襲な集学的治療を行っており、これまでのところ(国内外の一流施設と比較して同等以上の)良好な治療成績を得ています。具体的には、低用量化学放射線治療による低侵襲導入療法とミニマム創内視鏡下手術による低侵襲根治的手術療法を組み合わせた治療を行っています。低用量化学放射線治療後、がん病巣がほとんど消えた場合、個々の患者さんの状態に合わせて、ミニマム創内視鏡下膀胱部分切除による低侵襲根治的膀胱温存療法を、がん病巣が残存する患者さんにはミニマム創内視鏡下膀胱全摘除を行っています。ミニマム創内視鏡下膀胱全摘除では、個々の患者さんの状態に合わせて、回腸利用新膀胱や勃起神経温存を取り入れております。

表在性乳頭状膀胱がんは、患者さんの生命を脅かす危険は低いものの、50%以上の確率で膀胱内再発を繰り返すことが特徴です。治療は、経尿道的膀胱腫瘍切除術と、再発阻止を目的とした術直後の抗腫瘍剤の膀胱内単回注入を主体に行っております。手術後は、外来で定期的に再発のチェックを行います。

膀胱上皮内がんは、それ自体が患者さんの生命を脅かす危険は低いものの、数年の経過で浸潤がんに進行する可能性の高い病気です。治療は、上皮内がんの悪性度と個々の患者さんの状態に合わせて、BCGまたは抗腫瘍剤の膀胱内注入療法を行っております。

→膀胱がんとは
膀胱がんの診断と治療などに関してQ&A方式で説明しています。

診療のご案内

外来診療のご案内

泌尿器科の疾患と治療

こんな症状があったら?

泌尿器科の検査について

治療のスケジュールと成績

当科の先進的な検査と治療

当科開発の治療と検査

先進的な診療

臓器温存がん治療

共同診療ユニット

業績集/国際・国内学会発表/論文

臨床研修・教室紹介

日本ミニマム創泌尿器内視鏡外科学会

東京医科歯科大学大学院
医歯学総合研究科腎泌尿器科学教室

東京都文京区湯島1-5-45
TEL 03-5803-5680
(泌尿器科外来直通)
(午前6:00~午後4:00)
当院へのアクセス

このページの先頭へ