東京医科歯科大学ノモグラム

東京医科歯科大学ノモグラムは、まだ前立腺癌とは診断されていない男性を対象とし、前立腺生検を行った場合に、前立腺癌が発見される危険性を統計学的に算出し、主治医と患者さんの双方に参考として頂くことを目的としています。

はじめに

この東京医科歯科大学ノモグラムで計算される推定値は、医師の判断に代わるものでは決してありません。利用される患者さんは主治医と相談して方針を決めてください。

誰を対象とするか?

東京医科歯科大学ノモグラムは、前立腺癌が疑われているが、まだ前立腺生検を受けていない患者さんで、前立腺特異抗原(PSA)の値が20以下の場合を対象としています。PSAの値が20を超えている場合には、一般に前立腺生検を受けることが薦められています。従って、東京医科歯科大学ノモグラムではPSA 20以上の場合には推定値の計算はおこなわれません。

どのような情報が必要か?

東京医科歯科大学ノモグラムは、前立腺癌の有無に関連するいくつかの因子を組み合わせて、統計学的計算を行います。下記の情報を手元に用意してからご利用ください。なお、いずれかの情報が未知の場合にはノモグラムの推定値は得られません。

京医科歯科大学ノモグラム1
年齢、直腸診所見、PSA値、フリーPSA値

東京医科歯科大学ノモグラム2
年齢、直腸診所見、PSA値とフリーPSA値、経直腸超音波断層所見、前立腺容積

どのように使うか?

東京医科歯科大学ノモグラムは特別なソフトウェアのダウンロードは必要ありません。普通のウェブ・ブラウザで使用可能です。使うには上のボタンをクリックして下さい。

連絡先

不明な点、ご質問あるいはご意見等がございましたら下記までご連絡ください。
  連絡先 教室医長 齋藤一隆 chief.uro@tmd.ac.jp