呼吸器内科は、アレルギー疾患(気管支喘息、過敏性肺炎)、感染症(肺炎、肺結核)、悪性腫瘍(肺癌、胸膜中皮腫)、慢性閉塞性肺疾患(COPD)、原因不明の間質性肺炎、など多彩な疾患の診療を担当します。いずれの疾患についても医学の進歩に対応した先進的診療を実現すべく努力しておりますが、専門に片寄った診療に終始することのならないように心掛けております。前診療科長の吉澤靖之先生から継承する当科のモットーは「全人的包括的医療を科学性を持って行う」であり、患者さんが抱える苦しみや悩みの理解に努め、総合内科医としてあるいは呼吸器専門医として解決の道を示すことを目指しております。

 当科の特色として間質性肺炎あるいは過敏性肺炎についての診療経験が豊富であり、紹介やお問い合わせが全国からあります。この分野では医療の進歩が十分とはいえず、診断や治療法が確立していない面もあります。難治性疾患として全国的な調査研究の対象にもなっており、新薬の臨床試験なども行われております。私たちが知る限りの情報をご説明することができますので、ご相談があれば外来までおいでください。

 現在、呼吸器内科医は絶対的に不足しており、地域によっては十分な診療が困難な状況となっております。経験に裏付けられた十分な知識と技術を持ち、誠実な医療を実践する医師を育成することも当科の使命と考えております。幸いにして当科は、人間性が豊かで熱意のある青年医師が集まっております。患者さんに信頼されて満足いただける診療を実現しながら、次世代の医療を担当する医師を育てることにより社会に貢献したいと考えております。

 呼吸器のことでお悩みの方、呼吸器疾患についていろいろと疑問のある方はぜひ当科を受診してください。




このページのトップに戻る