スタッフ

江石 義信  Yoshinobu Eishi
教授
鹿児島県出身らしい豪快さが持ち味。昭和53年に本学を卒業、大学院と3年間のオーストラリア留学を経たのち、本教室の助手、本学附属病院病理部助教授、 本教室の助教授を歴任して平成19年1月より現職です。専門は免疫病理学、特に免疫寛容に関する基礎的研究と、サルコイドーシスの病因論です。オーストラ リア国立大学ジョン・カーティン研究所にてPh.D.を取得。


小林 大輔  Daisuke Kobayashi
助教
平 成11年本学卒業。大学院修了後、本学附属病院病理部助手を経て、平成16年4月より現職。ピロリ菌に関する研究を中心として本教室の研究に幅広く携わる と同時に、病理診断学の分野では脳腫瘍の病理診断に興味をもって取り組んでいます。また、敏腕病理医局長として、あらゆる業務の運営・取りまとめに東奔西 走しております。


伊藤 崇  Takashi Ito
助教
平成16年本学卒業。大学院修了後、本学附属病院病理部助教を経て、平成21年4月より現職。平成22年4月から2年間は本学のラテンアメリカ共同研究拠 点の初代赴任者としてチリへ赴任し、大腸癌早期発見プロジェクトの立ち上げに携わりました。現在は細菌感染と炎症・発癌の関係についての研究や病理診断学 (特に消化器・婦人科病理)に精力的に取り組んでいます。生来の実直な人柄に加え、チリ赴任にて培われた国際感覚や行動力を生かし、ラテンのリズム(?) で奮闘中。


根木 真理子  Mariko Negi
助教
平成18年浜松医大を卒業後、東京医科歯科大学医学部附属病院にて初期研修を修了。研修医2年目に病理部を4ヶ月選択し、病理 の道に進むことを決心。大学院を経て、平成24年病理部助教、平成25年より現職。サルコイドーシスの病因論解明に従事する一方、乳腺・炎症性腸疾患など 診断病理にも積極的に取り組んでいます。幅広い人材を有する本教室の中でも癒し系天然素材としてみんなから親しまれる存在。


古川 あすか Asuka Furukawa
技術職員


石下 由紀 Yuuki Ishige
技術補佐員


岩満 美保 Miho Iwamitsu
事務補佐員




博士課程
大学院




鈴木 好美
Yoshimi Suzuki
竹本 暁
  Akira Takemoto
冨井 翔平
Syohei Tomii
今田 安津子
Atsuko Konta




大石 克己
Katsumi Oishi
中村 輝子
Teruko Nakamura
小川 智永
Tomohisa Ogawa
掛川 智也
Tomoya Kakegawa






粟野 暢康
  Nobuyasu Awano
関根 裕司
  Yuji Sekine
児玉 真
Makoto Kodama
和田 友里子(MD-PhD)
Yuriko Wada





修士課程
大学院







迫西 大輔 
Daisuke Sakonishi
坂口 もも子
Momoko Sakaguchi







カナダ・ウォータールー大学からの研修生






継松 綾
Aya Tsugimatsu




研究実践プログラム(医学科学生)






山口 泰生(M4)
  Taiki Yamaguchi




卒業研究生



本学 保健衛生学科
日本女子大学 食物学科
並河 真美 Mami Namikawa
(左)大川 莉恵 Rie Okawa
(右)山下 萌 Megumi Yamashita



文京学院大学 臨床検査学科
(左)高倉 佳子 Yoshiko Takakura
(中)鈴木 隆太 Ryuta Suzuki
(右)窪谷 瞳  Hitomi Kuboya






東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科
器官システム制御学系 消化器・代謝病学講座 人体病理学分野
〒113-8519 東京都文京区湯島1-5-45 M&Dタワー 15F北側(MAP
TEL 03-5803-5177(医局)  FAX 03-5803-0123