若松研究室 テーマとその内容



★情報通信・システム制御技術を医療・福祉・介護に応用!

−総論的概念を述べた講演(科学新聞2007年12月7日)−
状態 健常・介護 要介護・通院 要介護・通院 緊急 入院
担当者家族ヘルパー、介護福祉士看護師救急救命士医師
所在在宅      施設救急車病院
テーマと範囲救命のための生体機能支援
遠隔保健看護
遠隔コミュニケーション
遠隔リハビリテーション・アミューズメント
遠隔医療
老人・障害者福祉
子どもの健康と食生活



★ヒトの感覚・運動のモデリング・解析・創造!

眼球運動解剖・生理に基づいた眼球の感覚と運動の統合モデル
バーチャルリアリティ力学モデルによる仮想物体の構築と切離・破壊の人工現実感の創造



★大学・高等教育の問題を考える!

大学院教育高度で幅の広い教養教育を目指す新しい大学院講義の試みと問題点
カルシュ博士旧制松江高等学校ドイツ人講師の足跡を追いながら現在の教育を考える







救命のための生体機能支援システム

よりよい救命救急・集中治療・脳低温療法を目指して、生体の機能と状態を臨床的に
望ましい状態に自動制御しながら生命の維持を支援する総合的なシステムの開発−    


保健看護のための遠隔システムの開発

生活習慣病の予防・管理の支援

食事・生活習慣を自己管理するためのシステム。絵と文字の一体化したアイコンを、主観的に選んでデータをためていくと、傾向が見えてきます。『振り返り』による『気づき』を通して、より良い生活を模索するためのツール。


医療福祉コミュニケーションの活性化支援

医療福祉従事者と患者・被介護者、あるいは医療福祉従事者同士が密にコミュニケーションを行える簡便で安価なシステム。

離島・へき地を結んだ、メンタリング、カンファレンス、コンサルテーション、在宅リハビリテーション、在宅医療の支援などに応用可能。




遠隔コミュニケーションシステム

多地点間双方向対面コミュニケーションシステム

2地点間だけでなく、3地点間以上でも対面しながら会話が可能。日本−韓国、アメリカ、ドイツなど、海外とのコミュニケーションにも応用可能


遠隔講義システム

離島・へき地にいてもゼミ・講義・会議・シンポジウムなどにリアルタイムで遠隔参加できる簡便で安価なシステム。

現在、沖縄県立看護大学に導入され、実際の講義に使用されています。




ネットワーク遠隔リハビリ・アミューズメントシステム

画面の中に入り込んで、楽しむアミューズメントシステム。




遠隔医療




老人・障害者・傷病者の保護・支援

「訓練や指導ではなく継続的体験を擁護し、無いものを補い、できない部
分の支援による自立的生活の支援」(日本福祉文化学会より)を目指して、
種々のシステムや技術の開発を行っています。




子どもの健康と食生活




眼球運動




バーチャルリアリティ




新しい大学院講義の試み




フリッツ・カルシュ博士





機能支援システム学 - 2007年12月28日更新 - ご意見ご感想はこちらへ