後期臨床研修医募集

お問い合せ先

ご不明な点などございましたら、下記の連絡先までお問い合わせください。

外来
TEL.03-5803-5684
(午前9時~午後5時)
救急外来
TEL.03-5803-5102
(24時間可)
予約センター
TEL.03-5803-4655
アクセス・詳細
アクセス・詳細はこちらより»

平成30年度東京医科歯科大学医学部附属病院
周産・女性診療科(産婦人科)後期臨床研修医募集中!

平成29年度末で初期臨床研修を修了する先生方を対象に、東京医科歯科大学医学部附属病院  周産・女性診療科(産婦人科)では、後期臨床研修医を募集しています。当プログラムは、大学病院と関連病院での研修を組み合わせた3年間のプログラムで、多数の指導者のもとに幅広い臨床研修を重ね、産婦人科医としての基盤を作り、日本産科婦人科学会認定 産婦人科専門医を取得するために最適な研修が可能です。

東京医科歯科大学産婦人科研修プログラム募集要項

研修の概要

東京医科歯科大学産婦人科研修プログラムでは、医師としてまた産婦人科医としての基本的な診療技術、幅広い知識を習得し、婦人科腫瘍、周産期、女性のヘルスケア、生殖医療、内視鏡手術、さらに医療過疎地における地域医療に特化して連携施設での研修により、幅広く、より高度な知識・技能を持つことが可能となります。研修終了後は、東京都下のみならず地域医療の担い手として、都外も含めた希望する施設で就業することが出来ます。さらに、専門研修施設群における専門研修後には、大学院への進学やサブスペシャリティ領域の専門医の研修を開始する準備も整っているため、スムーズに個々のスキルアップを図ることが可能です。

大学病院と連携施設との研修の組み合わせ

基幹施設である東京医科歯科大学医学部附属病院およびその連携施設によって構成される専功医指導施設群で研修を行います。研修の順序・期間等については、個々の産科婦人科専功医の希望と研修進捗状況、各病院の状況、地域の医療体制を勘案して、東京医科歯科大学産婦人科研修プログラム管理委員会が決定します。研修コースとしては、①産婦人科専門医養成コース、②産婦人科専門医大学研修コース、③女性医師支援研修コース、④復職支援研修コースなどがあります。

大学病院

周産期・婦人科腫瘍・生殖内分泌・女性ヘルスケアの4グループで専門的な医療を行っています。指導医とともに様々な領域の疾患の患者さんを担当し、産婦人科診療に必要な基本的な姿勢、技術を身につけます。また研究活動として、カンファレンスでの症例提示や抄読会発表に加えて、学会発表、論文執筆・投稿を行います。

連携施設

総合型、専門型、地域医療と様々な連携施設がそろっております。
詳しくは各病院のホームページも参照してください。

総合型

国保旭中央病院(地域)、土浦共同病院JAとりで総合医療センター(地域)、東京都立多摩総合医療センター東京都立大塚病院青海市立総合病院(地域)、亀田総合病院獨協医科大学越谷病院総合守谷第一病院(地域)、キッコーマン総合病院(地域)、恵愛病院(地域)、東京都立広尾病院

専門型

東京都立駒込病院(腫瘍)、国立がん研究センター中央病院(腫瘍)、田園都立レディースクリニック(生殖)

後期臨床研修プログラム参加申込み

平成30年度より東京医科歯科大学産婦人科研修プログラムでの研修を希望される方は、下記までご連絡ください。いろいろな質問にお答えし、当院や連携施設見学のお世話をさせていただきます。

お問い合わせ

卒後臨床研修実務者 若菜公雄
E-mail k.wakana.crm@tmd.ac.jp