東京医科歯科大学皮膚科 分野概要

当講座は、皮膚に表現されるすべての疾患を対象とした教育、診療、研究を担当しています。

教育方針

卒前教育では、一般医として必要な皮膚の解剖学、生理学、免疫学、薬理学などの基礎知識とそれに基づく皮膚疾患の理解に重点をおき、外来での見学、ベットサイドティーチングを中心とした教育を行う。2014年度12月から「皮膚・アレルギー・膠原病」ブロック講義で皮膚科、アレルギー科のブロック講義を1週間担当している。
卒後教育は、専門医としての皮膚科学の基礎的知識の修得と臨床医としての技術・手技の習熟を行い、「皮膚科学から見る人間学」の研鑽をつむことを目標としている。

臨床上の特色

皮膚科学の臨床は、皮膚に表現される微細な変化から全身の生体状態を把握し、疾病の早期診断・早期治療を行うことにある。
外来・入院患者を通じて皮膚徴候の検出と理解の訓練、皮膚徴候からの内臓諸器官の機能の推測とその証明、皮膚疾患の原因・誘因の検出方法、外用療法、外科的手技を用いた治療、内科的治療を駆使して疾病の治療を行っている。

研究活動

皮膚に表現される疾患の全てを対象とする皮膚科学では、その研究対象が多岐にわたる。
当教室では種々の皮膚疾患の病因・病態を免疫学的アプローチにより解明することに努力している。
当教室のこれまでの研究業績を基盤として、免疫アレルギー疾患、腫瘍等の研究を行っている。

お知らせ

2015年10月30日
ホームページをリニューアルしました。
お知らせ一覧へ

pagetop