東京医科歯科大学 医学部附属病院 集中治療部


集中治療部(intensive care unit, ICU)は、重症患者さんを収容し、高度の医療レベルで全身管理を強力かつ集中的に行うことにより、
患者さんを回復させる中央診療部門です。医学部附属病院B棟6Fに位置し、認可12床で運営されています。
入室される患者さんはあらゆる科にわたります。各科の専門分野に関する知識技術と、集中治療部医師の集中治療に関する知識技術を集約して昼夜を問わず患者さんの回復のために治療にあたっています。
各科の主治医、集中治療部医師および看護師が集まって行う毎朝の回診により、当日の治療方針や看護方針を決め、チームワークのもとに診療を行うsemi-closed ICUとして機能しています。
当施設は日本集中治療医学会専門医認定施設であり、24時間体制で、7名の専従医と2名の研修医、定数35名の看護師が集中治療を行っています。
また、集中治療部では、日常の診療だけでなく、研究や学生および研修医の教育にも力を入れております。

2015年7月2日をもちまして、「集中治療部、大学院生体集中管理学」、は新しいホームページへ移行致しました。
以下のリンクをご利用下さい。



東京医科歯科大学医学部附属病院集中治療部 大学院生体集中管理学分野



当面は、この旧「集中治療部、救急救命医学」もご覧頂けます。