新着情報

2018.08.01
倫理審査専門職認定試験(本試験・トライアル試験)について、申込み等の詳細を公開しました。詳細はこちらから。
2018.07.31
CIP準備検討委員会(第3回)を開催しました。
2018.07.17
東邦大学・教育セミナーにて本事業をご紹介しました(江花)。
2018.07.12
開発チーム会議(第10回)を臨時開催しました。
2018.07.10
会員向けページに教材1・教材2の補助資料を公開しました。
2018.07.10
会員向けページに教材6・9・10を公開しました。
2018.07.03
LAMSECにて研修会を担当しました(江花)。
2018.06.16
日本臨床試験学会・JSCTR 教育セミナー「倫理審査専門職の認定制度について」にて本事業をご紹介しました(江花)。
2018.04.05
開発チーム会議(第9回)を開催しました。
2018.05.31
大学病院臨床研究推進会議にて本事業へのご意見をいただきました。
2018.05.23
会員向けページに教材1・教材2の補助資料を公開しました。
2018.05.23
独習向けスライドに「委員向けスライド」を公開しました。
2018.04.23
東京医科歯科大学・歯学部倫理審査委員会にて本事業をご紹介しました(江花)。
2018.04.20
岩手医科大学附属病院・研修会にて本事業をご紹介しました(甲畑)。
2018.04.05
開発チーム会議(第8回)を開催しました。
2018.03.30
千葉大学医学部附属病院・研修会にて本事業をご紹介しました(江花)。
2018.03.16
Twitterはじめました。
2018.03.13
CIP準備検討委員会(第2回)を開催しました。
2018.03.06
APRINシンポジウムにて本事業をご紹介しました。
2018.02.16
LAMSECにて研修会を担当しました(江花)。
2018.02.16
大学病院臨床研究推進会議にて本事業へのご意見をいただきました。
2018.02.08
開発チーム会議(第7回)を開催しました。
2018.01.30
インフォメーションを更新しました。
2018.01.18
ホームページを開設しました。

教材の使い方

独習に、グループワークにご使用ください。

ダウンロード

フリー教材です。
メールアドレス、氏名、カナ、所属機関、電話番号をご登録いただきましたら、
全ての教材をダウンロードしていただくことができます。

教材の使い方

倫理審査委員会への模擬申請書類(研究計画書、同意説明文書、同意書・撤回書)です。
但し、これらの書類には関連法規・指針上の不備や、科学的合理性・倫理的妥当性から考えて不適切な部分があります。それらを探しましょう。
そのあとに修正例を確認しましょう。

独習向けスライド

※こちらは独習用スライドです。

委員向けスライド

※こちらは独習用スライドです。

研究者向けスライド

教材一覧

教材1.

薬剤耐性菌の問題、臨床医みんなが考えなきゃいけない問題ですよね。新しい薬を作るにはコストがかかって大変、他に方法はないものか、ということでできた研究です。

教材2.

ペースメーカー植え込み術を受けている症例を対象に、MRIの撮像を目的とする研究です。最近ではMRIに対応したペースメーカーも販売されていますが、非対応例にMRIを撮像する場合、どのような手続きになるでしょうか。

※教材3以降については会員登録が必要です。
以下のページ(登録画面またはログイン画面)より教材(問題例or修正例)をクリックしていただくことで、会員登録またはログインしていただくことができます。

(会員ページ掲載の教材一覧)

  • 教材3. 肥満治療としての電気刺激法
  • 教材4. BRCA1/2遺伝子変異保持者に対するQOL改善を目的とした予防的卵巣切除に先立つ卵管切除の効果に関する検討
  • 教材5. ゲノムワイド解析を通して心房細動関連遺伝子の網羅的解析研究
  • 教材6. うつ病に対する直流電気刺激療法とエスシタロプラムとの比較試験
  • 教材7. RPE65遺伝子変異を持つ遺伝性網膜ジストロフィー患者に対する遺伝子治療薬ボルテージン・ネパルベブの有効性および安全性に関する非盲検無作為化比較対照試験第III相臨床試験
  • 教材8. コーヒー摂取と非白人集団における全死亡及び主要死因死亡との関連について
  • 教材9. 緩和ケアにおける進行がん患者の激越性せん妄に対する有効性比較:ハロペリドールとロラゼパムの併用vs.ハロペリドールの単独投与無作為化臨床試験
  • 教材10. 前立腺癌患者の積極的サーベイランスの効果に関する観察研究
  • 教材11. 日本の大気汚染に起因する疾病負荷
  • 教材12. 救急治療室における頭痛治療:ケタミンの有効性
  • 教材13. 大腿顆の特異的マッチングにより膝の骨軟骨同種移植の中期臨床転帰は改善しない
  • 教材14. 虫垂開口部を含む側方型大腸腫瘍のための内視鏡的粘膜下層剥離術
  • 教材15. 末期常染色体優性多発性嚢胞腎におけるトルバプタン
  • 教材16. メラノーマ患者腸内マイクロバイオームの抗PD‐1免疫療法に対する応答調節効果
  • 教材17. 急性頭痛患者のクモ膜下出血診断オタワルールの検証
  • 教材18. 脳梗塞後の卵円孔開存閉鎖術と薬物療法との長期転帰の比較
  • 教材19. 抗ZikaウィルスDNAワクチンの安全性と免疫原性:非盲検第1相臨床試験
  • 教材20. 血友病患者に対する遺伝子治療の安全性及び有効性に関するパイロット研究

インフォメーション

-お知らせ-
本シンポジウムは盛況のうちに終了しました。
開催にあたり、各大学・関係機関の皆様、参加者の皆様に厚く御礼申し上げます。

シンポジウム1. 「臨床研究法」の資料を下記に掲載しました。
・資料「臨床研究法」: AMED研究公正シンポジウム_臨床研究法の施行にあったって

※資料のダウンロードには解凍パスワードが必要です。後日ご登録いただいたメールアドレス宛てに解凍パスワードをお知らせしますので、ダウンロードの際に入力してください。

シンポジウム

国立研究開発法人日本医療研究開発機構「研究公正高度化モデル開発支援事業」
研究倫理教育 に関するモデル教材・プログラム等の開発

AMED研究公正シンポジウム

認定された倫理委員会の質の担保のために必要な人材育成

日時 : 2018年1月18日(木)13:30~16:40(開場 13:00)
場所 : TKP御茶ノ水カンファレンスセンターホール2F
定員 : 200名(事前申し込み制/生命倫理研究センターHPより受付)

過去ログ 過去のイベントはこちらから
Community 準備中です
Blog 準備中です

プロフィール

AMED研究開発事業代表・江花有亮

東京医科歯科大学 生命倫理研究センター

AMED「研究公正高度化モデル開発支援事業」で研究倫理審査委員会の委員を対象とする研究倫理教育に関するモデル教材・プログラムの開発の担当をしています。 私たちは倫理審査委員会に委員として臨むにあたり、より実践的なスキルを身に着けられるような教材を提供しています。

TMDU生命倫理研究センター

センター長・教授
吉田雅幸
助教
甲畑宏子
URAトレイニー
高橋沙矢子
研究支援者
坂利江
研究支援者
岩越めぐみ
研究支援者
出口由依

TMDU医療イノベーション推進センター

センター長・教授
小池竜司
准教授
榛澤義明

TMDU臨床試験管理センター

センター長・教授
小池竜司(兼)
准教授
野堀潔
助教
笠井祥子

東京共済病院腎臓内科

部長
神田英一郎

TMDU保険医療管理部

教授
藍真澄

査読者

名古屋大学医学部生命倫理統括支援室

准教授
飯島祥彦

東京大学医科学研究所公共政策研究分野

特任研究員
高嶋佳代

国立精神・神経医療研究センター

精神科医師
横井優磨

お問い合わせ

ぜひ教材のご感想やご意見をお寄せください。

東京医科歯科大学 生命倫理研究センター
〒113-8519
住所:東京都文京区湯島1丁目5番地45号
お問い合わせフォームはこちら

サイトポリシー・個人情報の取扱いについて

このサイト(URL:http://www.tmd.ac.jp/med/bec/ResearchIntegrity/index.html)は東京医科歯科大学生命倫理研究センターが管理しています。

【個人情報の取扱いについて】
本ウェブサイト及び研究公正高度化モデル開発支援事業では、個人情報を取り扱うにあたり、独立行政法人等の保有する個人情報の保護に関する法律
その他関係法令を遵守いたします。
本ウェブサイト及び本教材の提供に伴って取得・保有した個人情報は厳重に取扱い、以下の目的で利用させていただきます。
1) お問い合わせやお申し込みに関するご連絡
2) 教材ご提供のための会員登録
3) 教材ご提供に関連するご連絡
4) 新しい教材配信等に関する情報提供
5) セミナーやイベントに関する情報提供

なお、上記利用目的の達成以外の第三者にはご本人様の同意なしに提供することはありません。
個人情報に関して、開示、訂正、利用の停止又は消去を希望される場合には、速やかに対応いたします。

【お問い合わせ】
サイト全般に関するお問い合わせ、御意見、御要望は、サイト管理者(生命倫理研究センター)<フォームで本ページの問い合わせ先>へお願いいたします。

【著作権】
このサイトの著作権は東京医科歯科大学にあります。個人の私的使用、その他著作権法によって認められる範囲を超えて、著作権者およびその他の権利者の許諾を得ることなく、これらの情報を使用(複製、改変、掲示、配布、サイトへの転載などを含む)することは、著作権法により禁止されております。事前に本学にお問い合わせください。

【ページへのリンク】
本サイトへのリンクは、原則としてフリーです。
ただし、リンク元のサイトの内容が、本サイトへのリンクに相応しいものではないと判断した場合は、リンクをお断りすることがあります。