グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




概要

このページの目次


教育

卒前教育では、「放射線の人体に対する影響」を担当し、分子レベルから細胞、組織、個体レベルにおいて放射線が生体に与える影響について、放射線生物学、放射線腫瘍学、放射線防護を含めた放射線の生物影響について講義を行っている。大学院教育では、口腔領域がんの放射線療法について、最先端の治療法を交えて解説する。また、放射線治療効果の予測、放射線増感のための方法論について、細胞内シグナル伝達機構、アポトーシス制御機構、ゲノム修復機構、血管新生機構等を概説するとともに放射線治療の個別化に向けた展開について論じ、さらに、基礎研究から臨床応用に向けた探索的臨床研究(Translational research)の基本概念に重点をおいて解説する。

研究

がんの放射線治療に関連した研究を中心に、シグナル伝達機構、アポトーシス制御機構、ゲノム修復機構、血管新生阻害機構等の観点から、分子生物学的、細胞生物学的なアプローチを行っている。

(1) 分子イメージングによる腫瘍の放射線反応性の可視化に関する研究 
(2) 新規微小管重合阻害剤による放射線増感機構の解析
(3) 放射線抵抗性シグナル伝達機構に関する研究
(4) 口腔領域がんの放射線治療に関する臨床研究

臨床

医学部放射線治療科(吉村亮一教授)外来・病棟において、医学部放射線治療部門のスタッフとともに、口腔領域がんの放射線治療の診療にあたっている。具体的には、小線源治療による根治的放射線療法、術前・術後照射等の外照射治療計画、診察を行うとともに、歯科の専門外来(歯科放射線科外来、口腔外科外来・顎顔面外科外来、顎義歯外来)と連携をとりながら、患者個人の病態ならびに要望に最も適した診療となるよう取組んでいる。口腔外科との定期的なカンファランスやCPCを実施し、治療方針や治療経過の確認を実施している。