グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




1. ワークショップ形式による学習成果発表と総合討論

Presentation of Acheivements


科目コード:9401 / 75時間

担当教員

名前分野・職名連絡先
科目責任者伏見 清秀医療政策情報学分野 教授kfushimi.hci@tmd.ac.jp

主な講義場所・授業内容

授業日時授業内容及び開催場所担当教員
18月7日(月)~10(木)
18:00~21:10
個別病院の医療の総合的な課題に関するデータ分析
M&Dタワー21階 大学院講義室1
伏見 清秀
211月6日(月)~9日(木)
18:00~21:10
個別病院の医療の総合的な課題に関するデータ分析
M&Dタワー21階 大学院講義室1
伏見 清秀
311月13日(月)~16日(木)
18:00~21:10
個別病院の医療の総合的な課題に関するデータ分析
M&Dタワー21階 大学院講義室1
伏見 清秀
412月4日(月)~8日(金)
18:00~21:10
個別病院の医療の総合的な課題に関するデータ分析
M&Dタワー21階 大学院講義室1
伏見 清秀
512月18日(月)~21日(木)
18:00~21:10
個別病院の医療の総合的な課題に関するデータ分析
M&Dタワー21階 大学院講義室
伏見 清秀

授業目的・概要等

授業目的

本コースの全授業を通して学習した成果を確認し、今後の活用方法を身につけることを目的とする

概要

第1週から第5週
個別病院の医療の総合的な課題に関するデータ分析

最終日
分析結果と解決手法提案の発表(各20分)と総合討論

授業の到達目標

個別病院の医療データを用いて、包括的な課題を明らかにすることができる能力を身につける。
様々な課題に対して、その解決のための具体的な手順を提案し、PDCA手法に基づく実行を主導することができる。

授業方法

講義形式による。

成績評価の方法

参加状況(20%)、発表内容(40%)およびレポート(40%)を総合的に評価する。

準備学習等についての具体的な指示

特になし。

参考書

「医療の質の標準化と改善」(南山堂)

履修上の注意事項

オフィスアワー

平日:10時00分から18時00分