グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



9. 医療におけるリーダーシップ論

Leadership in the Medical Institution


科目コード:4083 / 1年次 1単位

担当教員

名前分野・職名連絡先
科目責任者田中 雄二郎臨床医学教育開発学分野 教授ytanaka.merd@tmd.ac.jp
科目担当者高橋 誠臨床医学教育開発学分野 講師takahashi.merd@tmd.ac.jp
岡田 英理子臨床医学教育開発学分野 講師eriko.gast@tmd.ac.jp
井津井 康浩医学部附属病院総合教育センター 講師yitsui.gast@tmd.ac.jp
工藤 敏文医学部附属病院総合教育センター 講師t-kudo.srg1@tmd.ac.jp

主な講義場所・授業内容

回数授業日時授業内容及び開催場所担当教員
112月11日(月)18:00~21:10リーダーシップ総論
ケーススタディ①東京医科歯科大学初期研修
M&Dタワー13階 大学院講義室2
田中 雄二郎
212月12日(火)18:00~21:10ケーススタディ②
M&Dタワー13階 大学院講義室2
高橋 誠
312月13日(水)18:00~21:10ケーススタディ③足利赤十字病院
M&Dタワー13階 大学院講義室2
小松本 悟
412月14日(木)18:00~21:10ケーススタディ④受講生より
リーダーシップ総括
M&Dタワー13階 大学院講義室2
田中 雄二郎

授業目的・概要等

授業目的

激変する社会環境の中で、法的、倫理的制約の多い医療機関を一定の方向に導くリーダーシップを学ぶ。

概要

病院は様々な専門職から構成される組織体であり、管理者はそれを一方向に導くことが求められる。医療制度が流動的な中、病院管理者には、先見性と統率力が求められる。大学病院および地域中核病院において行われた改革のケースを分析し方法論を抽出し、さらに近未来の医療の世界を俯瞰し求められるリーダーシップを論ずる。

授業の到達目標

リーダーシップに関する一般論を理解する。
リーダーシップを効率的に発揮するための方法論を理解し応用できる。
医療機関におけるリーダーシップの特殊性を理解する。
リーダーシップの在り方の多様性を理解し説明できる。

授業方法

講義およびグループ討論形式による。

授業内容

講義のテーマは以下を予定している。

I)リーダーシップとは
リーダーシップに関する一般論を提供した後、医療におけるその特殊性について討論を行う。

II)リーダーシップを発揮するための方法について
前項での議論に基づき、いかに効果的にリーダーシップを発揮するかについて、①現状分析、②ネットワーク形成、③目標の確立、④意識改革、⑤組織変更について論ずる。

III)リーダーシップの実践について
リーダーシップのあり方は、リーダー自身の個性、能力により様々な形態をとることをCase Studyを通じて論ずる。

成績評価の方法

授業中に提示された課題について、A4用紙1枚程度のレポートを授業終了後に提出してもらう。
レポート内容(60点)と参加状況(40点)を総合して成績を評価する。

準備学習等についての具体的な指示

特になし。

参考書

小倉昌男 「経営学」 (日経BP社)1999年刊

履修上の注意事項

本科目と関連の深い科目として次の科目がある:
「7.1 戦略と組織」「8.1 人的資源管理」「8.2 人的資源管理と人材開発」

英語による授業

全て日本語で行う。

オフィスアワー

随時Eメール(sec1.dgm@tmd.ac.jp)で対応

備考

討論を主体とするため、教室の変更もあり得るので連絡に注意すること。