グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




平成29年度 カリキュラム一覧

科目名必修/選択単位数時間数
[1] クオリティ・マネジメント・データ 分析概論方法論1. 医療データ分析概論必修15h
2. DPCデータ分析必修15h
3. 臨床指標分析必修30h
4. BIツール分析必修22.5h
5. 臨床疫学研究分析必修22.5h
[2] 医療実データを用いたクオリティ・マネジメント PDCA実践プログラム1. PDCAサイクルに基づく医療の質の改善必修30h
2. PDCAサイクルに基づく医療安全推進必修15h
3. PDCAサイクルに基づく医療感染制御の確保必修15h
[3] 大学院医歯学総合研究科修士課程 医歯理工学専攻医療管理政策学(MMA)コース開設科目1. 医療と社会の安全管理必修15h
2. 医療機関リスク管理必修15h
3. 医療のTQM必修15h
4. 医療機能評価必修15h
5. 病院情報管理学必修15h
6. 診療情報管理学必修15h
7. 衛生工学・汚染管理必修15h
8. 戦略と組織必修15h
9. 医療におけるリーダーシップ論必修15h
10.健康情報データベースと統計分析必修15h
[4] ワークショップ1. ワークショップ形式による学習成果発表と総合討論必修75h

(必須240時間 自由150時間)
※全て自由科目とする。なお、履修する場合は、大学院医歯学総合研究科修士課程医歯理工学先行医療管理政策学(MMA)コースが開設する授業科目であるため、科目等履修生として履修することとし、単位を付与する(10単位 150時間)。

修了要件

<1><2><4>に示す全ての科目に合格すること。ただし、<3>については、自由科目とする。

1クオリティ・マネジメント・データ分析概論方法論 5科目 105時間
2医療実データを用いたクオリティ・マネジメント PDCA実践プログラム 3科目 60時間
3大学院医歯学総合研究科修士課程医歯理工学専攻医療管理政策学(MMA)コース 10科目 10単位150時間
4ワークショップ 1科目 75時間

修業年限

1年

履修対象者

 医療の質保証、安全管理、感染制御等の業務を担うとともに、医療機関の組織マネジメントに関与する意欲ある医師、後期研修医、医師管理職および医療従事者。
 なお、大学院修士課程に相当するカリキュラムであるため、学部卒業程度の学歴があることを出願要件とする。

PDCA医療クオリティマネージャー養成プログラム時間割