グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




学長コメント

学長 吉澤 靖之

学長 吉澤 靖之

国立大学の存在基盤は【「人と知恵」の拠点として人類社会に貢献する】ことであります。
医学部、歯学部と2つの附置研究所から成る医療系大学としての特色を活かし、本学のミッションは、【「知と癒しの匠」を国内、そして世界へ展開する】としております。

本学はこれまで、歴代学長のリーダーシップおよび教職員の不断の努力のもとで積極的に国際化を進めてきました。
本学は、医療人養成機関であるため、学部教育の専門授業科目を全て英語化するには高いハードルがある一方、カリキュラムの国際標準化を積極的に進めてきました。具体的には、2002年より毎年、教員をハーバード大学に派遣してきました。その派遣人数は延べ143名になります。彼らが中心になり教育改革を進めてきた結果、昨年度は、医学科カリキュラムが国際認証評価を受審しました。
また、学部学生の海外派遣については、研究・臨床など、目的をもった留学機会を多く設け、卒業までに医学科の3人に1人、全学でも5人に1人が海外経験をしております。
大学院においては、医歯学系で国内トップクラスの外国人留学生数を誇り、帰国後、出身国の学長や学部長として活躍している多くの卒業生がいます。 
これらの取組により、総合大学が有利と言われる Times Higher Educationの世界大学ランキングでも、国内8位と、高く評価されております。

「グローバルヘルス」をテーマとし、「世界規模での健康レベル向上」を実現するための人材育成と国際貢献を展開していく本構想は、総合大学ではなく、医療系という特色を持つ本学だからこそできる取組であり、私のリーダーシップのもと、全教職員が一丸となって、本構想の実現に鋭意努力していきます。

東京医科歯科大学学長 吉澤 靖之