グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 国際交流プロジェクト  > マヒドン大学との交流  > マヒドン大学シリラート病院医学部とのJDP開設にかかる協定書の調印式を行いました

マヒドン大学シリラート病院医学部とのJDP開設にかかる協定書の調印式を行いました

本学とマヒドン大学が共同で準備を進めてきたジョイント・ディグリー・プログラム「東京医科歯科大学・マヒドン大学国際連携医学系専攻」は、6月26日に文科省から、またマヒドン大学審議会においても7月に設置認可を受け、日本及びタイの両国で開設が認可されました。8月7日には本学の学長一行がマヒドン大学を訪問し、シリラート病院医学部において本専攻開設にかかる協定書の調印式に出席しました。マヒドン大学のBanchong Mahaisavariya学長、Somchai Trakarnrung大学院研究科副科長、Prasit Watanapaシリラート病院医学部長、そして本学吉澤学長が協定書に調印し、2020年4月の開設が正式に合意されました。

本専攻は、特にがん治療に精通した外科学分野の専門知識を熟知し、医療ニーズの多様化に即応しうるリサーチマインドを持った、日本及びASEAN地域の医学・医療を牽引する高度専門医療人材を養成する4年制の博士課程です。最大の特色は、本学のがん治療に対する高度専門医療人材の養成のノウハウ及び高い研究力、マヒドン大学シリラート病院医学部の豊富な症例数とそれらを基盤とした臨床研究実績を活用し、実践的な教育を受けられることです。本専攻を修了した医師は、日本及びASEAN地域全体にみられる共通の課題の解決のため国際的に幅広く活躍することが期待されています。今秋から両大学にて募集を開始し、来年4月には第一期生が入学する予定です。

翌8月8日にはバンコク市内で開催されたチュラボーン王女国際癌学会(Princess Chulabhorn International Oncology Conference)にて吉澤学長が登壇し、日本とタイにおける教育研究協力について基調講演を行いました。この癌学会にはタイ国中の外科関係者が集まり、活発な交流が行われました。講演後には吉澤学長を含む外国人講演者に対しチュラボーン王女から記念品の授与式が行われました。

今回のバンコク滞在中には、本学医学部を卒業し、バンコク病院ワタノソット・がん専門病院院長Dr. Thiravud Khuhapremaへの本学客員教授、及びマヒドン大学シリラート病院医学部長 Prof.Dr.Prasit Watanapaへの客員教授、ならびにDr. Issareeya Ekprachayakoonへの客員助教の名称付与もおこないました。

左からPrasit医学部長、吉澤学長、Banchong学長、
Somchai大学院研究科副科長

調印式後シリラートの関係教員と共に

吉澤学長の基調講演