グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > ニュース  > 平成28年度教員対象英語研修(個人レッスン)の受講者募集について

平成28年度教員対象英語研修(個人レッスン)の受講者募集について

平成29年2月15日

各 位


           スーパーグローバル大学創成支援事業推進責任者
理事(企画・大学改革担当)
烏山 一
理事(教育・学生・国際交流担当)
田上順次


平成28年度教員対象英語研修(個人レッスン)の受講者募集について


 本学スーパーグローバル大学創成支援事業の一環として、教員全体の英語力向上のため、英語が不得意である若手教員の英語力を向上させ、教育の質および研究の生産性の向上を図ることを目的として、民間英語教育機関と提携し、助教を対象とした英語研修を下記のとおり実施いたします。
受講を希望される方は、下記の内容を確認のうえ、平成29年2月20日(月)17時までに応募用紙をご提出願います。



【導入目的】
本研修を実施することにより、教員の英語力を向上させ、教育の質および研究の生産性の向上を図る。今回の英語研修の到達目標/内容は、「英語での授業(英語でのディスカッションのファシリテーションを含む)」「学会発表や招待講演などでの英語でのプレゼンテーションおよび質疑応答」とする。

【導入による到達目標】
・英語での授業(英語でのディスカッションのファシリテーションを含む)の質の向上
・英語での論文発表・口頭発表・講演の質の向上
・英語での論文発表・口頭発表・講演の指導の向上

【導入による効果】
(教育への効果)
教員の英語力向上により学生が英語で履修できる科目の増数(スーパーグローバル大学創成支援事業および本学第3期中期目標にて数字目標掲示あり)およびそれら科目の教育の質の向上が可能となるとともに、修士/博士課程では英語での研究指導や英語での論文・口頭発表の指導が可能となる。
(研究への効果)
教員の英語力が向上することにより、英語での論文発表や口頭発表、講演の質の向上が期待でき、それにより研究分野での生産性の総合的な向上が可能となる。

【対象者】
助教のうち、英語での授業、英語での論文発表・口頭発表・講義やそれらの指導が不得意であり、スキルアップが必要な者(常勤・非常勤を問わないが、募集が多い場合は常勤を優先とする)

【研修概要】
個人レッスン
実施概要:20~30名程度の教員に対して、個人レッスンを提供する
レッスン内容:「英語での授業」「英語でのプレゼンテーションおよび質疑応答」のいずれかについて、受講者のニーズ/希望に応じてカスタマイズされた内容となる。
レッスン時間:40分×10レッスン(1日につき、2レッスンを連続して実施するため、40分×2レッスン×5日実施)を予定。
実施時期:2月下旬~3月中旬(具体的なスケジューリングは各自が民間英語教育機関担当者と日程を調整して予約(平日は20時頃まで受講できるよう調整中)。
実施場所:ベルリッツお茶の水ランゲージセンター(JR御茶ノ水駅前)を予定

【研修費用】
研修費用はスーパーグローバル大学創成支援事業の補助金で本学が負担する。

【応募方法】
 研修受講希望者は、応募用紙を記入のうえ、平成29年2月20日(月)17時までに統合国際機構事務部国際交流課グローバル化推進係(global.adm@tmd.ac.jp)までメールにて書類を提出すること(メール件名に「平成28年度教員英語研修応募」と付記)。

【選考】
 受講希望者が多い場合は、受講希望理由や担当予定英語科目/授業などに配慮し、受講者を選定する。なお、初めての受講希望者を優先し、昨年度受講した者は枠が空いている場合に限り受講できるものとする。

【受講者の義務】
①本研修で受講して得たノウハウやスキルをできる限り多くの教員/大学院生に伝授/還元いただくために、所属する研究科/課程教育委員長と相談の上、平成29年度中に所属分野、課程、または研究科の教員または大学院生を対象にセミナーを実施していただきます。
②また、平成29年度末に、英語で(新規または継続)行った授業、英語でのプレゼンテーション機会、①として実施したセミナー報告、などを実績として報告していただきます(詳細は後日連絡予定)。

【問合せ先】
統合国際機構事務部国際交流課グローバル化推進係
内線: 4964
E-mail: global.adm@tmd.ac.jp