グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




開催報告

日本初"Datathon"開催

代表者である本学の重光教授

2018年2月24、25日に「1st Big Data Machine Learning in Healthcare Conference」が本学にて開催されました。
本会議は日本初Datathonの試みで、ビッグデータは今後医療の進め方を変えていくものとして世界中で注目を集めています。

今回のDatathonでもビッグデータを集中治療で活用することを目標としたワークショップが行われました。
本学の重光秀信教授を中心に、海外からマサチューセッツ工科大学、ハーバード大学医学大学院、国立シンガポール大学、オーストラリア・ニュージーランド集中治療学会、国立フィリピン大学、および日本全国からの専門家が講演者、Facilitatorとして参加し、約150名(※)が国内外問わず集まりました。文部科学省の参事官にご挨拶をいただいた後、参加者は2日間にわたって講義・ワークショップを通し熱心に取り組んでいました。特にワークショップでは活発に意見を交わし、それぞれの専門分野を活かして議論を進めていく様子がみられ、大盛況のうちに終了しました。


※参加者内訳
医師49%
データサイエンティスト、学生、研究者、薬剤師、看護師27%
企業関係者23%

Datathonのプログラム

ワークショップの様子

Facilitatorの方々