グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 統合国際機構  > 留学生向け奨学金  > 疾患予防グローバルリーダー養成プログラム

疾患予防グローバルリーダー養成プログラム

東京医科歯科大学大学院の疾患予防グローバルリーダー養成プログラム(Disease Prevention Global Leadership Program:DP-GLP)は、大学生および大学院生、若い研究者、教育者そして政府機関で活躍する若手人材を、基礎生命科学からパブリックヘルスまでの幅広い知識と技能を備え、総合的、包括的で国際的な視野をもち疾患予防を率いることのできるリーダーに養成することを目的に設立された高度な大学院教育プログラムです。
The Disease Prevention Global Leader Program (DP-GLP) at Graduate School of Tokyo Medical and Dental University is an advanced graduate program that aims to equip undergraduate and graduate students, young health scientists, educators and administrative officers with advanced knowledge and skills of multi-disciplines, from Basic Sciences and Bioengineering to General Medicine and Public Health, to excel as global, multifaceted leaders in disease prevention.

本プログラムは、疾患予防に関係する基礎生命科学、技術開発研究を重点的に教育する「生命理工学コース」(Biomedical Science and Technology: BST)と全人的医療学、地域医療学、環境社会医学を重点的に教育する「パブリックヘルス医学コース」(Public Health Medicine: PHM)の2コースから成っており、応募者はどちらか一つを選択することができます。
DP-GLP consists of two tracks, 1) Biomedical Science and Technology (BST) track which focuses on basic life science and development of innovative drug and medical devices related to disease prevention, and 2) Public Health Medicine (PHM) track, which focuses on general medicine, community health care and social medicine related to disease prevention. Applicants must choose one of the tracks as a major. Below is the detailed application guide by track.

生命理工学(BST)コース/Biomedical Science and Technology (BST) track

2017年度募集/Information for 2017

国費/Japanese government(MEXT) Scholarship Student

※今年度の募集は終了いたしました

私費/Self-supporting Student

※今年度の募集は終了いたしました

パブリックヘルス医学(PHM)コース/Public Health Medicine (PHM) track

2017年度募集/Information for 2017

※今年度の募集は終了いたしました

下記URLより文部科学省ウェブサイト「2017年度大学推薦による国費外国人留学生(研究留学生)の募集について」において
募集要項・申請に当たっての留意事項が確認できます。

http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/ryugaku/1379702.htm