グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 国際交流ニュース  > 国際サマープログラム2013シンポジウムの開催について

国際サマープログラム2013シンポジウムの開催について

国際サマープログラム2013シンポジウムの開催について


ISP2013ポスター

本学で例年開催しています国際サマープログラムを今年も8月26日(月)~8月29日(木)までの4日間、” Biomaterials: From the Laboratory to the Clinic”をテーマとして、実施いたします。最終日に、テーマに関連した分野より講師をお迎えし、本学の学生・教職員や学外研究者にも参加いただけるシンポジウムを下記のとおり開催いたしますので、お知らせいたします。
なお、参加を希望される方は当日受付にて手続きの上、ご参加くださいますよう、よろしくお願いいたします。



<2013年度国際サマープログラムシンポジウム 
―Biomaterials: From the Laboratory to the Clinic―>
日時: 平成25年8月29日(木) 9:00~13:10
場所: M&Dタワー2階 鈴木章夫記念講堂





(スケジュール)
9:00- 9:10  開会の辞  湯浅 保仁 医学部長

9:10- 9:50  “Decellularized Biological Tissues as Biomaterials for Tissue Engineering
         and Regenerative Medicine”
         岸田 晶夫 教授(本学・生体材料工学研究所 物質医工学分野)

9:50-10:30  “Development and Clinical Applications of Porous
         Hydroxyapatite/Collagen Composites”
         大川 淳 教授 (本学・大学院医歯学総合研究科 整形外科学分野)

10:45-11:30  “Systems Mechanobiology from Matrix to Nucleus”
         Dennis Discher 博士 (University of Pennsylvania, USA)

11:30-12:15  “Regenerative Medicine for Spinal Cord Injury”
         中村 雅也 准教授 (慶應義塾大学 医学部 整形外科学)

12:15-13:00  “Caries Diagnosis and Therapy Revisited”
         Karl-Heinz Kunzelmann 博士(University of Munich, Germany)

13:00-13:10  閉会の辞  森尾 郁子 国際交流センター長