研究所案内

研究紹介

本研究所は、近未来の先進医療を支える科学技術の世界的な最先端研究拠点として、バイオマテリアル・バイオエンジニアリングに関する基礎理論の構築および最先端素材の創出を図ると共に、創薬から医用デバイスを包含する先導的応用研究に取り組んでいます。

研究内容・特色

主な研究プロジェクトとして、

  1. 疾病に関する分子情報の集積や機能分子創製による、先端医療ナノバイオサイエンス 疾病に関する分子情報の集積や機能分子創製による、先端医療ナノバイオサイエンス 疾病に関する分子情報の集積や機能分子創製による、先端医療ナノバイオサイエンス
  2. バイオインスパイアード・マテリアルの創製と応用研究
  3. バイオシステムエンジニアリングの先端医療への応用研究

を推進しています。

各分野の研究紹介

TOPICS

金属生体材料学分野

レーザー積層造形法により作製したコバルトクロム合金の組織と機械的特性(図①)

無機生体材料学分野

電気分極によるチタンインプラントの表面改質がオッセオインテグレーションに与える影響(図②)

有機生体材料学分野

動的ナノ界面の設計と生体応答解析

物質医工学分野

脱細胞化骨髄を用いた血液産生システムの再構築

バイオエレクトロニクス分野

完全合成型の人工膵臓:自律型インスリン投与デバイスの開発(図③)

バイオ情報分野

液体循環型超高速PCR装置の開発

センサ医工学分野

機能性高分子とMEMS技術を融合したソフトコンタクトレンズ型バイオセンサによる涙液グルコースモニタリング(図④)

薬化学分野

新規非seco-ステロイド型ビタミンD誘導体の創製(図⑤)

メディシナルケミストリー分野

ケミカルバイオロジーを基盤とした抗HIV剤の創製

生命有機化学分野

かさ高い芳香族アジドの高いクリック反応性の発見

医歯工連携実用化施設

人工材料と生体軟組織の機械的結合