研究所案内

機器紹介

写真 装置名 説明
ESI-TOF型
精密質量分析装置
タンパク質や天然物、あるいは設計・合成された種々の有機化合物などの機能分子や複合体などの精密質量を測り、試料分子の一次組成を解析する装置です。極々微量の試料分子のイオンが一定距離の真空中を飛行する時間を計測します。高度な性能を備え、簡便な操作で短時間内に高品質な分子情報の収集ができ、構造解析研究はもとより、大学院演習にも使用されています。
核磁気共鳴装置(NMR) 強磁場の環境においたサンプルに弱い電磁波を照射し、それに対する共鳴の仕方によって分子の立体構造を解析する装置です。所内には広範囲の核種を測定できる9.4テスラ(400 MHz)の磁場と、炭素核を超高感度に測定できる超電導プローブを装着した11.75テスラ(500 MHz)の磁場をもつ2台の装置があり、天然物や合成した種々の機能分子の構造解析研究に繁用されており、大学院演習にも使用されています。
走査型電子顕微鏡
(SEM)
エネルギー分散型X線分析器(EDS)を備えた走査型電子顕微鏡です。本装置では、高真空の二次電子像から低真空の反射電子像まで手軽に観察することが可能です。二次電子像、組成像、凹凸像、立体像などの画像モードを切り替えて観察することができます。EDSでは定性・定量分析が可能で、電子顕微鏡と連動した任意のポイント分析やマッピング分析も可能です。医用材料だけでなく、生体試料の観察にも利用されています。
簡易型走査型電子顕微鏡
(SEM)
本装置は簡易型の卓上走査型電子顕微鏡で、手軽に電子顕微鏡観察を行うことが可能です。コンパクトな筐体でありながら、数千倍~1万倍の観察まで対応しています。医療用デバイス開発に携わる研究者にとって、手軽に扱えることのできる、汎用性の高い機器といえます。
生体適合デバイス用
成膜装置

生体適合デバイス用成膜装置は、生体用デバイスのための薄膜製造を目的とした三元スパッタ装置です。生体計測用のウエアラブルセンサをはじめ、生体への装着や埋め込みを行うデバイスの開発に利用されています。

本装置の特徴

  1. 機能性高分子膜などの熱に弱い素材上にも異種材料の薄膜が形成可能です。
  2. オイルミストの発生を抑えるため、ドライポンプを備えています。
  3. 基板とターゲットの距離を材料にあわせて最大150mmまで変化させることができます。
  4. 試料を回転させながらスパッタリングできます。光ファイバの加工にも対応できます。

スパッタリング中のスパッタ室内部の様子。通常はアルゴンガスを用いていますが、酸素プラズマなどにも対応可能です。

RF電源を1系統、DC電源を2系統備えています。排気操作や条件設定はタッチパネル上で操作します。

蛍光X線分光分析装置
(XRF)
エネルギー分散型蛍光X線分光分析装置(XRF)は、試料の元素分析を大気中で行うための装置です。生体材料の開発研究において、迅速に材料の定性・定量分析ができるため、汎用性の高い装置です。また、プラスチックをはじめとして、包装材、顔料等に含まれるカドミウム(Cd)、鉛(Pb)、水銀(Hg)、クロム(Cr)等の特定有害物質や砒素(As)等の物質を数ppmレベルまで検出することができます。
近赤外分光蛍光光度計

近赤外分光蛍光光度計は、溶液状態における分子間相互作用の解析や、新規にデザイン・合成した機能性有機小分子の分光学的特性の解明を行うための分析装置です。特徴として、SN比が100 以上(水のラマンピーク、励起波長:350nm、スペクトルバンド幅:5nm、レスポンス2秒)と高感度であり、波長分解能も、励起側1.0nm、蛍光側2.0nmと優れています。

また、

  1. 高感度リン光スペクトルやリン光寿命測定機能
  2. 最速0.1msecからのデータ取り込みを可能とする高速時間変化測定プログラム
  3. データ取り込み時間が10日間までの長時間変化測定プログラム
  4. 定量測定、三次元スペクトル測定等の測定結果をコンピューター上で解析、管理するソフトウェア
  5. 蛍光光度計本体に由来する分光感度特性の影響を取り除くためのスペクトル補正プログラム(=高感度化を可能にする)

を装備しています。

加えて、一般に普及している蛍光光度計が励起光測定範囲220~750nm、蛍光測定範囲220~750nmであるのに対し、本装置では励起光測定範囲が220~850nm、蛍光測定範囲が220~1010nmとなっています。このため、近赤外光領域の測定が可能です。

近赤外光領域の測定は、

  1. 多成分の同時測定を可能とする
  2. 生物個体を生かしたままで状態で測定するin vivoイメージングへ適用可能である

といった特徴があります。

X線光電子分光分析装置
(XPS)
材料表面から数~数十ナノメートルのごく深い領域にある元素を分析する装置です。試料表面にX線を照射し、飛び出した光電子のエネルギーを検出することにより、組成分析だけではなく、原子の結合状態に関する情報が得られます。高速エッチングイオン銃との組み合わせで、深さ方向に対する分析も可能です。また、電子中和銃を搭載しているため、金属だけでなく、セラミック、高分子など、材料の種類を問わずあらゆる生体材料を対象とすることができます。
エリプソメーター 材料表面に形成した薄膜の状態を計測する装置です。試料にレーザー光を照射し、薄膜を透過して反射したレーザーの情報から、試料素地と薄膜の光学係数だけでなく、薄膜の厚さをナノメートルレベルで計ることができます。プログラムにより照射位置を自在に指定できるので、迅速かつ正確な測定ができ、さらに薄膜の均一性についての情報も得ることができます。
血管ストリップ
実験装置
血管の機能を調べる装置です。チューブ状の血管を切り開いて短冊状にしたもの(ストリップ)に薬剤などを加え、収縮など、血管への作用を調べます。同時に複数のストリップを扱えるので、同じ個体で違う薬品を比較したり、違う個体を比較することができます。血管の働きを知ることで、新たな創薬に役立てています。
ラマン分光分析装置 試料の分子レベルの構造を解析する手法がラマン分光法です。物質に光を照射すると、光と物質の相互作用により反射、屈折、吸収などのほかに散乱と呼ばれる現象が起こります。散乱光のなかには入射した光と同じ波長の光が散乱されるレイリー散乱(弾性散乱)と、分子振動によって入射光とは異なる波長に散乱されるラマン散乱(非弾性散乱)があります。ラマン散乱光はレイリー散乱よりも10-6倍ほど微弱な光です。その微弱な光を分光し、得られたラマンスペクトルより構造解析を行います。
リアルタイム
PCRシステム
本システムは、核酸の定性や定量,ジェノタイピング,ミューテーション分析のためのモジュラータイプのオンラインPCRデバイスです。アレイの検証、ジーンノックダウン研究SNP解析などのゲノミクス研究分野における幅広い科学的アプリケーションの要求に合致しています。
誘導結合プラズマ
発光分析装置
(ICP-OES)
溶液中の濃度を計測する装置です。溶液の成分元素をppmからppbの濃度レベルで検出することができます。生体材料の耐食性の評価やアレルギーテスト試薬の開発に役立てています。