大学院受験者(平成25年度)のための
生体材料工学研究所(IBB)オープンキャンパス

※参考 平成24年度入試概要(大学院医歯学総合研究科)
 
入試概要
修士課程 (医歯理工学専攻:2年)
博士課程(医歯学系専攻:4年)
      (生命理工学系専攻:3年)

国立大学法人 東京医科歯科大学 生体材料工学研究所では、平成24年3月16日(金)「生体材料工学研究所(IBB)オープンキャンパス」を開催します。
開催時間は、13時00分~16時00分 (受付時間12時30分〜13時00分)となっております。
当日は生体材料工学研究所と本学大学院制度について全体説明(30分程度)の後、希望の研究分野に移動して、研究内容の紹介、研究室の見学など(各分野あたり40分程度)を予定しています。
見学する研究分野は事前登録制で、原則3カ所までとさせて頂きます。(4カ所以上の見学を希望する場合でも、時間などの調整により可能な限り対応いたします。)
平成25年度の大学院受験を検討されている方、生体材料工学研究に興味がある方のご参加をお待ちしております。

オープンキャンパスの参加は「申込書」の内容を記入したメールもしくは添付ファイルをこちらにお送りください。
また、ご質問やご希望がありましたらお気軽にこちらまでご連絡ください。申込みの締め切りは平成24年3月15日(木)です。
※参加申込みメール送信後,確認のメールが3日以内に届かない場合はこちらまでお問い合わせ下さい.

研究分野一覧
部門 研究分野名 (研究室名) 主な研究分野・研究内容など
機能分子部門メディシナルケミストリー分野 創薬化学、ケミカルバイオロジー、ペプチド化学、バイオミメテック、蛍光プローブ、分子生物学、蛋白質科学、遺伝子科学、有機合成
分子設計分野 蛍光センサー、蛍光プローブ、分子イメージング、分析化学、有機化学、創薬化学、ケミカルバイオロジー(薬化学研究室・影近教授と連携)
分子制御分野 再生医療、バイオマテリアル、機能性高分子、新治療機器開発、DDSおよびGDS、天然物化学
 
素材部門金属材料分野 金属材料、生体機能化、生体用Zr合金、金属-生体組織界面、金属多孔体、非磁性合金、バイオフィルム
無機材料分野 バイオセラミックス、エレクトロベクトルセラミックス、医療用デバイス、骨伝導性、再生医工学
有機材料分野 超分子バイオマテリアル、生体適合性表面、細胞機能制御型表面、細胞内分解性薬物キャリアー、人工細胞工学
 
システム研究部門バイオデザイン分野 生体力学、生体材料力学、メカノバイオロジー、生体組織再建、歯科補綴物
情報分野 生物物理学、コミュニティ・エフェクト、オンチップセルソーター、後天的情報、臓器モデルチップ、ドラッグスクリーニング
計測分野 センサ医工学、バイオセンシング、生体計測、ヘルスケア、MEMS、人工臓器、アクチュエータ、匂い情報、環境医学、分析&検査、高分子デバイス
制御分野 バイオエレクトロニクス、臨床検査、バイオセンサ、生体分子認識、機能性高分子、表面/界面制御
 
疾患生命科学研究部薬化学分野 医薬化学、創薬化学、ケミカルバイオロジー、がん、遺伝子転写制御、蛍光プローブ、機能性芳香族分子
ケミカルバイオロジー分野 有機合成化学、薬の標的タンパク質の探索、蛍光試薬と生物発光基質の合成、生体分子イメージング、創薬シーズの探索
 生体材料工学研究所にて大学院生を受け入れ可能な大学院(修士:医歯理工学専攻)、(博士:医歯学系専攻)、(博士:生命理工学系専攻)に関する情報をご確認ください。

本件に関するお問い合わせは、こちらまでお願いいたします。

閉じる