グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 保健管理センター  > ご利用案内  > 各種証明書について  > ワクチン接種歴・抗体検査結果証明書について

ワクチン接種歴・抗体検査結果証明書について

抗体証明書・ワクチン接種歴証明書

注!:留学する学生の受付方法を大きく変更しました。下記をよく読んでお申し込み下さい。


国内での抗体証明書・ワクチン接種歴証明書

必要書類
   ・予防接種記録カード(学部生の方が入学時に保健管理センターから配られたもの)
   ・母子手帳
   ・提出先が指定した証明書のフォームとそのガイドライン
   ・健康診断結果Web検索のログインID/パスワードは事前に配付されている統合ID、統合パスワードです。*1
手順 
 ① 保健管理センター(5号館2階)に証明書作成の申込に行く。不足項目で相談が必要な場合は
     健康相談を受診する。
 ② 不足項目がなければ医師の証明書作成へ。

留学する学生の抗体証明書・ワクチン接種歴証明書

必要書類
   ・予防接種記録カード(学部生の方が入学時に保健管理センターから配られたもの)
   ・母子手帳
   ・留学先が指定した証明書のフォームとそのガイドライン
   ・健康診断結果Web検索のログインID/パスワードは事前に配付されている統合ID、統合パスワードです。*1
  手順
   ①保健管理センターのサイト内、「健康診断結果Web検索」から自分の4種ウイルス抗体・
     B型肝炎抗体の結果を確認する。
   ②ここから「Immunization Record」(excelファイル)をダウンロードする。
     ※学内専用サイトです。学外からはアクセスできません。                     
   ③ 提出する証明書のフォームとそのガイドラインを確認しながら、わかる範囲で必要項目を
     excelファイル上で入力する(*2)。不足項目については、自分で外部医療機関
     (トラベルクリニックなど)を受診する。
     相談したい場合は⑤で保健管理センターの健康相談を受診する
   ④ 保健管理センターのアドレス hokencenter.hsc@tmd.ac.jpにメール添付で
     「Immunization Record」(excelファイル)を送る。
     その際メールタイトルを「Immunization Record」とする。
     センターから受信確認のメールが来る。
   ⑤ 保健管理センター(5号館2階)に証明書作成の申込に行く。不足項目で相談が必要な場合は
     健康相談を受診する。
   ⑥ 不足項目がなければ医師の証明書作成へ(*3)。
   ⑥’不足項目がある場合、それらがそろったら「Immunization Record」(excelファイル)の
     入力内容を更新し、再度hokencenter.hsc@tmd.ac.jpにメール添付で送る。
     この時もメールタイトルを「Immunization Record」とする。
     センターから受信確認のメールが来る。
   ⑦ 不足項目の内容・日付を証明できる書類(検査結果やワクチン接種日のわかる診療明細書など)
     を保健管理センターの受付(5号館2階)に持参し、医師の証明書作成へ(*3)。

 *1 健康診断結果Web検索のログインID/パスワードが不明の場合は?
    ログインID(統合ID)が分からない場合は情報推進課システムサポート係「tougouid@ml.tmd.ac.jp」まで
    メールでお問い合わせをしてください。パスワードを変更したい方やお忘れの方は
    「https://idm-1.tmd.ac.jp/iumus/UsLoginForm.do」にアクセスし変更してください。
 *2 本学で受けたワクチンの接種日がわからない時は、保健管理センターの
    受付(5号館2階)で聞く。  
 *3 英文証明書の発行にはすべてのデータがそろってから1週間頂いています。
    また追加で接種するワクチンによっては月単位で時間がかかるものもありますので、
    余裕を持って準備に入りましょう。