グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




徐脈性不整脈

このページの目次


洞不全症候群

洞結節の機能が低下し、洞性徐脈、洞停止、洞房ブロックなどでの徐脈となり、失神の原因となります。ペースメーカーによる治療を行います。

洞不全症候群の例(心房粗動が停止した後に、P波が見られません。)

房室ブロック

心房から心室への伝導が障害されて徐脈となります。伝導障害の程度について、心電図の所見から3段階に分けられます。

I度房室ブロック

PQ間隔の一定した延長を認めます。

II度房室ブロック

Wenchebach型…PQ間隔が徐々に延長した後に、QRS波の欠落が見られます。

Mobitz II型

PQ間隔は延長なく、QRS波の欠落が見られます。

III度房室ブロック(完全房室ブロック)

房室伝導が完全に分断されている、P波とQRS間隔との関連性が失われます。

失神などの症状のあるII度の房室ブロック、およびIII度の房室ブロックでは
ペースメーカーによる治療をおこないます。